どうも、あなたの東雲です!
 いやー、ついに今年も祭りが始まりましたね。そうです、年末恒例(?)カクヨムコンです。
 昨年は当時連載中だった「ゼスマリカ」で参戦した東雲ですが、今回は完全新作を引っさげてでの参戦となります。
 その名も……


 ──妹を救うため、兄は何度も時間を繰り返す。タイムリープロボットサスペンス──

 誘拐殺人事件で妹を失ってから10年。
 若くして大企業の社長という地位にまで登りつめたエリート・鋼城王太郎(かねしろ おうたろう)は、未来からやってきたという謎の少女と出会う。
「あのとき妹を救えていたら……」
 ただ過ぎ去りゆくだけだった時間へと手のをばすべく──王太郎は巨大人型タイムマシン『ガトラベル』に乗り込み、不可逆の時間を遡行する。旅路の果てに待ち受けるのは、“都合のいいハッピーエンド”か、それとも……?

 過去と未来、実妹と義妹。2人の“妹”をめぐるSFサスペンスロボットアクション、始動!


 『刻を廻る星鋼ガトラベル』
 https://kakuyomu.jp/works/1177354054887171845



 というわけで、カクヨムのロボット村にまたまたニューフェイスの登場です!
 ジャンルは「タイムリープSFサスペンス“妹”ロボットアクション」……うん、長いわ!(ちなみにカクヨムコンではSF/現ファン部門でのエントリーとなります)

 実はこの作品、かつてないレベルで難産でした。……厳密にはいまも絶賛出産中ですけど!
 というのも今年の8月末。前作「ゼスマリカ」を書き終えた時点で、「次の作品は新しいことをやってみよう」という漠然とした方向性だけが決まっていたんですよね。
 そこで今まで意図的に書くのを避けていた題材である『タイムリープもの』に、思い切ってチャレンジしてみよう……と、意気込んだところまではよかったのですが

 ク ッ ソ 難 し く な い で す か ! ?

 いやね、書く前からわかってはいたんです。
 実は東雲、好きな作品を5つ挙げろと言われたら必ず入れるくらいには『シュタインズ・ゲート』が大好きでして。それゆえに自分ごときがタイムリープものを書いても『劣化シュタゲ』にしかならないなーと思って敬遠していたんですよ。
 正直いまの実力でもこの題材を調理しきれるかどうかはわりと博打なところなんですが、あえて目標は高く設定したほうがチャレンジとしては良いかなぁ……と、軽率に決めてしまったのが地獄の始まりでした。

 早過ぎた……この題材は東雲が扱うには、あまりにも早過ぎたのだ……orz
 時系列が物語の重要なファクターとなってくる以上、なるべく矛盾がないように細心の注意を払わなければいけない。
 かといって展開を小綺麗にまとめすぎても、今度はカタルシスが弱まってしまう。
 そんなこんなでゼスマリカ連載終了直後、9月から11月にかけての東雲の執筆活動は、とにかく困難を極める一方でありました。



 あれから3ヶ月──

 公 開 の と き は き た !

 俺は生み出しまくった没プロットにも屈せず、己のチャレンジ精神を貫き、ついに念願だったタイムリープもののプロットを書き上げたのだ!

 この新作のため、下読みに協力してくれた仲間たちに感謝を!

 7万字も書いたのに結局ボツになった原稿に感謝を……ッ!(実話)

 エントリーするのは、俺が望んだロボ作品なり!

 全ては……刻を廻る星鋼《ダイバージェンスキャスト》の選択である──!


 フフフ……そんなわけでこの東雲、地獄から舞い戻ってきましたとも!
 いろいろと紆余曲折しましたが、その甲斐もあって「ガトラベル」は自分の中でも満足いくレベルに到達することができました。

 この場を借りて断言しましょう。
「刻を廻る星鋼ガトラベル」は、いずれ東雲メメの最高傑作になると……!

 地獄帰りの東雲が紡ぐ『最高で最悪のブラザー・ミーツ・シスター』を、何卒よろしくお願いします!あっ、面白かったら応援や☆もいただけると嬉しいです!

 というわけでいよいよ開幕となったカクヨムコン4。参加者の方々はお互い適度にバチバチしつつ、それ以上にお祭りを一緒に楽しんでいきましょう!




《Are you ready?》

 出来てるよ……!

 死闘!渾身!全霊!これが平成最後の祭りだぁー!!



 以上、グリスブリザード東雲でした!



 P.S.カクコン4の新作ロボ’sでスパ◯ボ作れそう……作れない?

(アーカディアン、エンジュ、カノジョイド、ザナクト、超人は夢を見ない、etc……とにかく新作ロボ作品が充実している今回!ガトラベル共々、こちらもよろしくお願いしますー!)