今学校のコンピュータ室で執筆していますが、パソコンの時間が何分か進んでいておかしなことになってます。携帯で保存した小説を開くと三分先に最後の更新があります。なにこれ意味わかんない。

○君が消えた冬に
 第三章の前に、番外編として恋愛のお話が乗ります。新しいヒロインと、第二章でも活躍した昴くんのお話です。ちなみにずっと名前が出てきていなかった男子バレー部の主将が出てきたりもします。

 前の近況ノート、お友達本人に見られててとても恥ずかしい。でもうれしいです。
 番外編は一月中には書き上げられたらいいかなあ。