https://kakuyomu.jp/works/1177354054886381799/episodes/1177354054886949758

悩んでいたエピローグも完成し、ようやく完結と相成りました(現在コンテストに参加していますので、暫くは細かい直しなども行っていくつもりですが)

この作品は私が生きる上で疑問に思っている事を、物語という形を取る事で皆さんに伝えようとしたものです。

始めは深夜2時の田舎の星空を見て、その美しさに着想を得たのがきっかけでしたが、物語を進めて行くうちに知らず自分の疑問が主題を占める様になっていきました。
その主題を今ここで言葉にするのは難しいしつまらないのでしませんが、その主題に少しでも共感し、考えるきっかけにして貰えれば本当に嬉しいです。

みんなが右を向くのが正しいと言うから右を向くのではなく、自分が右を向きたいから右を向けるような人間になるために——。

手に取って貰えた方には感謝を。
最期まで読んで頂いた方は本当にありがとうございます。

2件のコメント

  • ちょっと待ってて下さいね。
    最終話という事もあり、きっちり読みたいので、週末に読ませて貰います!

    本当にお疲れ様でした!

  • コメント、ありがとうございます。
    いつも励みになります

    改めて読み返したり、pvの分布を見たりするとまだまだ至らない部分が多々あることを痛感しますが、今後とも宜しくお願いします

    今も3つほどプロットを書いていますがどれもなかなかまとまらず苦しんでいますが、何とか早くニ作目を始めたいと思っています

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン