聖人君子ぶる訳でもなく、正義漢ぶるつもりではありません。「僕も男だ気を付けよう」という世界です。
福島原発事故回避初動対応に陸上自衛隊が適切に対応できておれば歴史は変わっていたのはないかという思いは今も変わりません。そしてその原因あるいは理由の一因として事故に先立つ30年前の「柵の中の」出来事が影響していると分析しています。

望んで、このような苦い人生を送った訳ではありません。独り居どころを転々とし、安全を確保できる車中泊で過ごしながら、断捨離の旅を続けています。