えっと、流行りの(?)エイプリルフールの嘘ではないです。気の利いたユーモアセンスゼロですみません。来年までに磨いておきます。

……。

さて。
前回から二ヶ月近く空いてしまいましたが、まだ鋭意執筆中ではありますが、いつものごとく耐えきれず公開してしまいました。
良い子は寝る時間だったにもかかわらず、読んで下さったうえに応援、コメントまで……本当にありがとうございます!

あの佐和視点。気になる方はすっごく気になるでしょう?(笑)普段はしない表現てんこ盛りで、私は読んで下さった方の反応が気になりますっ(>_<)

美乃梨と佐和の初デートの日がメインのお話となっています。本編で言えば第21話で美乃梨がサラリと語って終わってしまった部分を掘り下げてみました。
時系列で言えば壮空編より先に公開するべきだった? いや、まさか、そんな、今更……。

また、本編はおろか壮空編でも第三話で触れただけになってしまった壮空が二人のことを知ってしまったあの日についても……。

今のところ全三話の予定です。お時間ある方、最後までお付き合い下さると嬉しいです。
そして、たくさん頂いてる佐和と壮空、どっち派か迷う! となっていた心が、やっぱり佐和でしょうってなるところを目指せたらなぁと思います(^-^)

31件のコメント

  • 仲咲さん
    泣きました。
    妻が死ぬ話とか個人的に耐性がなさすぎてダメです。すぐ泣けてしまいます。
    しかし私がご紹介した話とよく似ていますね。私の感性が仲咲さんと似てるんですかね。

    あ、KAC各話読んでいただいてありがとうございました。これで空振りから抜け出すことができました。双子の女の子気がついてくれてホント嬉しかったです。仕事できないくらい。

  • ゆうすけさん

    でしょうっ? そうでしょうっ? 泣けるでしょう? だと思ったんですよー!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ 私も泣きました。゚(゚´Д`゚)゚。
    あんまり言うとハードル上がるので言わないで良かったε-(´∀`; )
    読み終えた瞬間、いや、最後の妻の言葉を読んでる途中からゆうすけさんの顔浮かんでましたもん!(知らないんですけど笑)キタコレですよ。ゆうすけさーん! でしたよ。
    あーっ、もっと早く勧めてれば良かったー!

    感性。切ない系に関しては今日で完全一致って思いました。そもそも始まりがゆうすけさんの明日の黒板ですよ? 私の中の殿堂入りは今も揺るぎないですもん。
    やばい。無駄にテンション上がって来た(笑)

    双子ちゃんはみんな気付いてると思ったんですけど。だって、まんまじゃないですか。
    ここからトモコの物語へ誘導していくのねって思ったら、もう最終話でしたね(笑)
    でも、とっても素敵な最終話でしたよ(^-^) ドキッとしちゃいました。

  • 仲咲香里 様
    こんばんは、まほろばです。
    夜分遅くに失礼致します。

    ・SFの件
    もしかして、私に書けとっ!?
    ( ゚д゚)ハッ!

    それと、恋愛小説の件も、ありがとうございます。
    まだまだ未熟者ですが、頑張ります!

  • 香里さん

    『現状二番目な俺たち』はとっても面白かったです。
    コメディのセンスありますよ〜。
    香里さんはすごいなあ。
    色んなジャンルがしっかりと書けてそれぞれが味わいがあって、ラストまで一気に読みたくなります。

    香里さんの物語を楽しみにしています。
    応援してます。(≧∇≦)

  • まほろば さん

    SF、たぶん私には手に負えない気がひしひしとするんですよ。こんな下書き中の下書きで良ければチラッとどうぞ(>_<)

    ………

    タイトル(仮)DEAR 〜 あの日の君へ


    基本設定
    男:記憶喪失と覚えてないこと
    セカンド・アース・やまと???
    父の滅ぼした星を見に来た


    主人公:深山みやま(女性)
    未来から来た男:

    アイドル:聖也せいや

    ★★★

    プロローグ

    あの日見た夕日が本物ならば、今、目の前で暮れて行くこの空は、君がくれた虚構なんだろうか。

  • 第一話

    仕事を終え、深夜、自分のマンションの部屋に入った途端、

    ダーンッ!

    ものすごい音がした。


    音の発生源は押し入れ


    流行は巡るって誰か言ってたな

    何その都合の良い展開


    あ、なんかもういいよ。色々分かってきた気がする


    とりあえず、名前は?

    名前……?

    何て呼ばれてたの?

    ……思い出せない〜。でも、何とか様って崇め奉られてた気はする

    それ絶対あんたの妄想でしょ。もういい。不便だし、私が〜。セイヤって、呼んでもいい?

    ……好きなやつの名前か?

    ばっ、ち、違うわよ! ただの思い付きに決まってるでしょ!

    じゃあ、あのポスターは何だ? こっちのうちわとか、雑誌のスクラップとか。思いっきりSEIYAって書いてあるぞ。お前、確実に彼氏いないだろ


    で、年齢は?

    あー、確か一万とんで二十一歳

    二十一歳ね。ホントあんた面倒くさい。とりあえず未成年じゃなくて良かったわ。

  • ……何やってんの?

    いや、これ食ってみたいと思って

    だからって〜意味分かんないんだけど

    はあ? 意味分かんないのはそっちだろ。すぐ出て来んだろ

    出るわけないでしょ

    ……ちっ、使えねーな

    あんたに馬鹿にされたくないんだけど


    ☆男のファッションは現代と変わらない??

    流行ってるらしいんですよ

    ……コスプレ?

  • ☆男、初めて本物の夕日を見た日

    言葉を失くした
    夕日の温かさ
    優しい眩しさ
    胸を打つ感じ
    昼から夜へ次々と移ろう彩《いろ》
    雄大な自然の不思議
    今日が終わる早さ
    明日への期待と少しだけ襲う不安

    知らなかった、夕日の匂い


    二度と見られないそれを共有できる、誰か

  • ずっと片想いしていた先輩が初めて部屋に

    つまりはそういう……
    考えるだけで恥ずかしい!
    エマージェンシー、スクランブル、緊急事態!
    あいつのお陰で部屋だけは綺麗だけど

    「散らかってますけど、どうぞ……」
    目の前に上半身裸のイケメンがバスタオルで頭を拭いてる

    あ、◯、おかえりー

    ごめんなさい、部屋間違えちゃったみたいで

    ……苦しい! んなわけあるかっ! めっちゃ目の前で鍵開けて入ったじゃん!


    あんたのせいで……あんたのせいで。ずっと、好きだったのに……

    ごめ……

    帰ってよ! 未来人だか宇宙人だか知らないけど、あんたが来てから、私、ろくなことない!

    それが出来たら、俺だってそうしてる……っ。ごめん……

    黙って出てく

    ろくなこと無かった?
    そうだろうか。
    確かに、良いことばかりじゃなかったけど、一人の時より、楽しかったのは事実だ。

    やっぱり〜あいつが一人でなんて〜
    慌てて玄関飛び出す

  • (未来から)迎えに来ました

    ◯様。

    ……は? 誰だよ

    あー、本当にあなたは天才なんだか馬鹿なんだか。まあ、天才と馬鹿は紙一重って言いますからね

    今なんか、さらっとディスったよな

    全然状況が見えないんだけど

    失礼しました。こちらは◯様で、今朝、〜ご自分で開発された に、寝てる途中で〜まあ、そういうちょっと抜けてるところも好感が持てるっちゃ持てるんですけどね
    記憶喪失? ああ、一発叩けば思い出すでしょ

    あんたんとこの技術は進んでんの? 後退してんの?

    さあ、帰りますよ


    ちゃんと自分の世界へ帰って???



    ◯様、ご自分がなさろうとしたこと、よく自覚して下さい。
    あんなオモチャの為に、とうに滅した星へ行くなどと。あなたのお父様を愚弄なさるおつもりですか。

  • 拝啓
    未来のキミへ???

    キミに会えるのは◯年後
    私が世界最高齢を更新するか

    新しい薬?装置?

    その時、キミは私に気付いてくれるかな

    今日、キミが待ち望んでいた雪が降りました


    空が、まばゆい光を放つ

  • ◯最終話

    俺はどうして忘れていたんだろう
    ノア???やまと???の中のこの夕焼けだけは誰かの昔話ではない、君とあの日見た俺の思い出だったのに
    君と別れた数週間後???日本の首都から始まった地球の〜

    なぜあの日、日本へ行ったのか
    なぜ日本語を公用語としたのか
    君だけには伝えれば良かった

    君だけは連れ去りたかった

    君を失ってまで守らなければならない歴史なんて本当にあるんだろうか???
    それこそ今を生き続ける俺たちのエゴなんじゃないのか

    もう一度君に会いに行ったら、今度は君をこの虚構の中で〜
    必ず本物を作り上げるから

    平成最後の年に終わったのは
    副作用としていらない記憶は
    俺は生かされ続ける
    誰かの記憶で作られた箱の中で
    温度や匂いは分からない

    その日は、観測史上最も早く雪が降った日
    けれど、最後に降ったのは、雪のように白く、熱い終焉の灰だったと


    俺が君に、伝えれば良かった———。

  • まほろば さん

    という、名前もまだ決まってないような感じです。
    ていうか、メモ書きを何度も投稿してしまってすみません(>_<)
    私では、これを完結させるのに何年かかるんだろうって思います。平成最後の年って書いてる割に(笑)
    最後まで目を通していただき、ありがとうございます!

  • 仲咲さん
    仲咲さんコメディお上手ですもんね。
    ラブコメとインターセクション併作できるなら読むほうとしては楽しみ2倍です。
    ただ、「花咲く君へ、令状請求」は一発芸だからこそ生きたんだと思います。あれの設定そのままで続きを書くと、話の辻褄が合わなくなって仲咲さんが苦しむと思いますよ。書くならイチから設定を練った方がいいんじゃないかなと。もしくは平行世界として少し設定を整えてから最初から書き直す感じで。
    もしくはインターセクションの続編を思い切りコメディに振ってしまうのもありかな、と。そうしたら三角関係の修羅場を笑いで乗り越えられるかなとも。ちょっとこのまま壮空たちがシリアスにやりあう場面に突入するのは見るに忍びないなあとか思ったり。

  • 仲咲様
    こんばんは、まほろばです。
    下書き、拝読しましたよー!
    詳細プロットを作成するのに三日ほど、お時間を頂いてもよろしいでしょうか?

    なるべく仲咲様の世界観に沿うように、とは考えているのですが、脱線し過ぎたら申し訳ありません。

  • KACめいっぱい頑張ったので、1週間ほど休暇をいただきました(*´ω`*)はふぅ

    委員長の名前は『もうこれっきゃない!(`・∀・´)』という名前(*´艸`)どこで出すかはまだ未定。新作長編か、香里さんが読みたいって言ってるKAC10の連作短編やろかぁ……(/ω\*)
    KAC10の連作短編については、一応運営に問い合わせてみまーす(*´д`*)もし作ることになっても、香里さんのために作ってる感じになっちゃうけど!!
    月1回の更新で考えてまーすヽ(*´∀`)ノ

  • まほろば さん

    そんな、そんな!
    見返すと本当にプロットとも呼べないメモ書き程度なのに、ありがとうございます!(涙)
    なのでそんな短期間で形にとか、どうかご無理はなさらないで下さいね! 目を通していただけただけで大感激ですから(^-^)

    そもそも率直にどうでしょうか。
    ありきたりな感じかなぁとも思ってみたりするのです(>_<) なので、もっと面白くできるよ! っていうインスピレーションでも感じられて、本当に暇な時に遊んでやるよ、くらいのお気持ちで大丈夫ですよー(汗)
    でも、まほろばさんのプロットはすっごく興味あります!!
    一ヶ月後でも二ヶ月後でも、拝見できるのなら見たーい! って思ってます(*゚▽゚*)
    どうぞ、どんどんバシバシガンガン内容は変えちゃって下さいねd(^_^o)

  • 仲咲様
    こんばんは、まほろばです。

    私は面白いっ、と感じましたよ。
    滅ぼされた星の過去を見に来た異星人なんて、私には思いもつかないアイデアでしたから。
    それに誰かのアイデアを基に作品を書くなんて初めての経験ですので、楽しみでもあり、緊張もしています。
    それでも、仲咲様の仰るように気負わずに行きたいと思っています。

    プロット、近いうちに公開出来ればいいのですけど。
    こうご期待ください!
    ……これ、自分のハードルをガン上げしてますね。

  • 仲咲さん
    人気エッセイストとかやめてくださいよー。そんな才能も技量も持ち合わせてませんし。仲咲さんみたいに短編一本一晩でハート20個とかとてもできませんよ。

    でも仲咲さんのハートはハート20個分ぐらいのパワーがありますから。また気が向いたら占い師読んでください。

    よろしくお願いします。

  • 香里さん
    こんにちは。(^o^)

    『キミとの最適解』も今までと違った作風で面白かったなあ。
    インターセクションはじっくり夜に読まさせて頂く事が多いです。
    集中して世界に入り込んじゃいますね。

    いつも香里さんの元気いっぱいのコメントを楽しみにしてます。

  • 今思いっきり29-2話(カタリィ・リンドバーグ自己紹介編)書いとるでぇ!(*゚∀゚*)
    香里さんがゆーたんやからな!(*´д`*)書き終わったら報告するので読んでちょっ
    今10000文字に差し掛かっちゃった(/ω\*)

  • 帝王さん!

    お返事できてなくてごめんなさいです!(>_<)
    私も忙しかったり、お話早く公開したかったり、あと寝ちゃってたり、寝落ちしちゃってたり、気付いたら朝だったり……(汗)
    でも、すっごく嬉しかったんですよっ。
    続編を書かれてるということは、運営さんから無事OKの回答をいただけたということですねっ?d(^_^o)
    第2話、完成が楽しみです♪
    いいなぁ、帝王さんは速筆で。私にもそのスキルを是非!!(笑)

  • エエンヤデ(*⊃´ `)仲寝落ち香里さんなら仕方ないYO!!

    い、いやぁ実はまだ返事が来てない中でうずうずが止められず書き始めちゃって、しかもつい先ほどエンディングまで書ききってしまったという(/ω\*)結局16000字くらいになっちゃったYO!!

    そんなに速いですかー?(*´ч`*)
    あげられるものならあげちゃいたいところなのですけど、逆に私はしっかり組み立てて書くのがすこぶる苦手なので、私のスキルを磨くよりしっかり組み立てる力を磨かれた方が将来性あると思います(/ω\*)たぶんっ
    おおざっぱな設定資料集とか作っても本文書き始めたら生かされることはあまりないですし、下書き的な感じで『DEAR あの日の君へ』みたいなの書いたとしても、結局そのまま本文スタートになっちゃってたり~と、そんな私ですから~((/ω\*))

    明日(てか今日)見直し作業して、完成したら載せますねん(人´∀`*).☆.。.:*・゜

  • 香里さん

    「最後の夏」は両者の向き合う気持ちが表れていて、短い文章の中で光景が目に浮かびました。
    白熱シーンでしたね〜。

    たくさん物語を読んで頂いてありがとうございます。
    香里さんからの明るい応援コメントが励みになります!

    長編も次の展開に悩みますよね〜。
    私はつい息抜きとか思いながら煮詰まると短編を書いちゃってます。(^o^;)

  • 近況ノートで質問のあった『第一話 プロローグ』などの行間についてですが、まずはすみません。自分も詳しい事は分からないんです(>_<)
    この例文は多分全角で開いているとは思うのですが、自信はありません。

    強いて言えば、文字を全角設定にした状態でスペースキーを押していると言う事くらいです。こんなのでお力になれたか分かりませんが、少しでも参考になれればと思います。

  • 帝王さん

    めちゃくちゃ速いですよー!
    お返事はもしかすると、内容を見てみないと何ともって運営さんも思ってらっしゃるのかも?

    おっと、DEAR見ちゃった感じですか\(//∇//)\
    私は大体、プロローグとエンディング部分が浮かんで、後はこのラストに向けてどういうエピソードがあるといいかなって感じで書いてます。で、更にその隙間を埋めていくという……。
    後は、単語一つでもコレ! ってしっくり来るのが浮かばないと止まっちゃったり……。速筆で語彙力もある方が本当に羨ましくなります。

    あ、もしかして帝王さんは、小説管理画面の下書き機能に直書きされてたりしますか?

  • みいかさん

    本当はもっと早く読みたいんですけど、いつも後からまとめてですみません(汗)
    コメントのお返事がまとめてなのがごめんねーって思っちゃいます。
    でも、おしまい♪ を見て癒される為にまたたくさんお邪魔させて下さいね(*´∀`*)

    あ、長編の合間に短編とか私もよくやってますよ。何なら長編の合間に連載も……。
    書きたくなっちゃうから仕方ないですよねっ?(笑)

  • お兄さん

    ということは、スペースキー一回押してらっしゃるだけですよね?
    私は何回入力しようとも見た目半角なんです(T_T) ま、まさか旭がっ!? それとも御門さんっ?(笑)
    何か設定がないかとか、調べてみますー。
    お忙しいでしょうに、本当にすみません(汗)
    また後で壮一くんに会いに……逢いに行きますね!(^-^)

  • いや、単純に処理を後回しにされてるだけだと思いまーす(/ω\*)

    ミチャッタ(/ω・\*)ちらっちらっ
    私は小説のストーリー作るときの流れは
    ・浮かんだ場所は序盤でも終盤でもどこでもOK(気になったことをメモとかは一切取らないです)
    →キャラ設定後、世界観や環境を与えて本文スタート。浮かんだ場所はイメージするものの別にそこへ合わせにいくことはそんなに考えない
    →本文をスタートさせれば頭の中でキャラクターが勝手に動くので、それを文字にする
    →それっぽい終わり方をさせてエンディング
    だけ(*´д`*)その後誤字脱字の見直しなどなど
    前後のつじつまが合わないとかでない限りは、ストーリーを書き直すっていうこともしません(*´∀`)書き直すくらいなら書いてるやつ終わらせて新しいの書きます

    私の制作環境は、TeraPadっていうので書いて保存して、カクヨムに貼っつけてる感じですYO(*´∀`)KACみたいな字数合わせのときは貼り付けた後カクヨムで直接編集しますけどっ

    おっしゃ今から香里さんのために29-2見直し作業するでぇ!(*..)φそれが終わったら公開しまぁす!

  • とりあえず自分はスペースキー一回押しで何とかなっています。もちろん、半角設定で押した時は半角分しか空きませんが。
    お力になれずにすみませんm(_ _)m

  • こちらこそ、おかしなコメントをしてしまったすみません。変な事を言って、気を悪くしてしまったのではないかと気になっていました(>_<)

    これからも、作品を読んだりコメントを残したり、今までと変わらないお付き合いができれば嬉しいです。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン