• SF
  • 創作論・評論

2021年もお世話になりました!

 どうも、こんばんは!僕です!
 てか、今日もBORDERLYを更新予定だったんですが、ごめんなさい。37年に一度の大雪(でもこれ、青森では毎年一回はあるやつだよなあ)にしてやられて、全然書けませんでした。雪かきに奔走され、車の運転をすれば渋滞とスタックにさいなまれる…そんな中でも、どうにか今日も生きて家に帰れました。
 新年、1月4日からまた連載再開予定です。
 今後も楽しんでもらえるよう、頑張りまっす!

 今回の作品は、ある種の「逆転の発想」から生まれました。人間が機械で身体能力を補うのがサイボーグなら、人間の肉体をロボットの頭脳で管理させるのは…これはなにか。逆説的ながらもサイボーグといえるかもしれませんし、人の姿をしたロボットならばアンドロイドかもしれません。
 そして、さんざん引っ張ってぼかしたデミウルゴスの存在。
 神を創ろうとしてジェザドと励んでいたヨシュアは、死んでます。
 残されたジェザドも、娘がインストールされたデミウルゴスを見失ってる。
 このミステリーの続きは、来年きっちり楽しんでもらえるよう頑張りたいと思います。ってか、楽しくウハウハで書いてるので、あんまし頑張ってはいないですが気合入ってます。今年もカクヨムコン、いい結果を目指してますので…もしよければ、ニヤリとしたり盛り上がれたりした時の評価をよろしくお願いいたします!

 …まあ、読んで頂けるだけで御の字なんだけども。

コメント

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン
投稿する