そろそろ「はじける羽音と泡」も終わりが近づいてきている感じで、「やっとか~」という気持ちと、「間延びしている...」と感じるところがあり、そして「どうやったら終わりに持っていけるのか」と考えると、やっぱり小説を書くのは難しいんだなぁ、と思い始めています。
 
 でもプロじゃないんだから、書きたいようにしか書けないし、どんな終わり方になっても、自分にはこのようにしか書けない、という終わり方になるんだろうな、と思っています。

 もうしばらく、お付き合いいただけたら嬉しい限りです。