タイトルの通りです。
お読みいただいた皆さん、本当にありがとうございます。

電撃大賞落選作ということで、すでに手元の原稿としては完結済ですので、エタることだけはありません。
現在は第三章まで公開している状態ですが、次あたりから徐々にエンジンがかかってきますので、お楽しみいただけたら幸いです。