タイトルの通りです。
読んでくださった皆さん、ありがとうございます。

本作も、そろそろ終盤に入ります。
物語のたたみ方にどのような感想を持たれるか、楽しみでもあり不安でもあるのですが、数年前に書き上げたものを少しずつ公開しているだけなので、良くも悪くもただの作業。
淡々とやっていきたいと思います。