推定二十人くらいの人々が拙作覗いてくださっているようです。
 しおり代わりにハート置いていったり、
 誤字脱字の報告謎してくれると嬉しいな。
などと考えております。
このまま物語は遡りながら更新されてゆきます。