こんばんは。16話です。


 今回の話なのですが、神谷がプラウのスピードにどうやって対応していくか、という話です。

 昔三倍速マリオという動画を見ていたんですが最初は全然目も手も追いつかないんですよ。でもわりとすぐ慣れてしまうんですね、人間というのはよくできているもので。

 神谷もそんな経験をゲームを通してしていたのでこういった対策になりました。
 ただ今回はそれが通じる相手だったというだけなんですよ。作中でも言及していますが神谷は別に戦闘民族でも何でもないので戦いが得意というわけでもなく、ただがむしゃらにやっているだけ。いつか通用しなくなります。

 そして神谷は今回新たな力に目覚めました。もとからロックマン的な倒した相手の力を使えるようにはしたいと思っていて、こういう形になりました。

 これからしばらく戦闘が続きますが、どうぞよろしくお願いします。


※ちなみにプラウを倒せばその力を得るだけではなく、レベルがアップするように基本スペックが上がるという設定が(一応)あります。ただ作劇上あんまり意味がないので描写はしていません。