こんばんは……ではなくこんにちは。
 14と15話を一気に投稿しました。

 この回から再びゲーム編です。
 神谷が迷い込んだ謎の部屋や、今回のステージである機械の森。
 そして二番目のプラウが登場しました。

 じつはこのあたりの話、書いてる時に迷走しまくって舞台やら敵やら何から何まで変えまくってるんですよね。本当に困りました。

 何に困ったのかというと……プラウにも一応のモチーフがあって、そのモチーフをどう落とし込むかというところで悩まされました。
 牛だったりクモだったり巨大な花だったり……結局今回のような形になりました。
 まあまあ落としどころとしては悪くないかなと今では思っています。

 今回格ゲーを例えに多く使ったんですが、これからいろんなゲームをそういう方法で使っていくと思います。タイトルにゲームってつけたしせっかくなので。


 一章が五話で済むのに二章が20話分くらいあるんですけどなぜでしょうね?