本が出ます。
小説家としてスタートラインに立てます。

小学館時代小説文庫、という新しいレーベルより、2020年4月刊行。
タイトルは『姉上は麗しの名医』です。

スピード感あふれるバディものです。

江戸が舞台の長編を書き下ろしました。
史実ベースではない時代小説は初挑戦でした。

どうにかここまで漕ぎ付けました。
書店等で見掛けたときはよろしくお願いいたします。