いつも作品を読んでくださっている皆さま、ありがとうございます。

ショーウィンドウ2話の「空想自傷」ですが、短編として出すために一度下書きに戻します。
このお話はかなり読む人を選ぶと思いますが、フォロワーさんから温かいお言葉を頂き、このような運びとなりました。

まだ読んでいない方は短編のほうで是非どうぞ!