いつも他の皆さんの作品を楽しく拝読しています。しかし、書くのに詰まると他の皆さんの作品を読むペースも落ちますね。

そんな中、自作の続きに向け色々と考えていました。
第1章の執筆時点で次の構想自体はある程度浮かんでいたものの、実際に書けるかどうかは別問題です。

書き始めるのも大変ですが、続きを書くのってはやり大変な作業ですよねえ。
結果、巧拙は別として、自分なりに悩みながら、やはり1か月半は普通に掛かりました。第1章もそれくらい掛かってますから、そういうペースなんでしょう。
……しかし、カクヨムでこれは遅いペースですよね。

コンテストはもう締め切っているため露出も減ってますし、このペースでは見てもらえる可能性が少なくなるのもよく分かっていました。

しかし、そんなことは脇に置いておいて、初めて投稿したこの作品の登場人物には愛着がありますし。自分が書きたいと思えるモチベーションも重要です。自分が楽しくないと作品にも影響しますし。

それに、頭の中で思うだけでなく、書いてみて初めて分かるということも重要です。

3章以降はどうなるか分かりませんし、気まぐれにまずは全く違う短編を書くかもしれません。

しかし今はまず、書くことで気付きがあったことを良しとしつつ。

来週後半から、第1章と同じく、第2章を毎日配信していければいいなと思います。