ヤマザキ春のパンまつりが始まると、春が近いなあって思います。梅の花も咲き始めました。通学路の砂利道にはもうたんぽぽが咲いてました。暖かい日があったからフライングしちゃったのでしょうか。

 そしてカクヨムコン4終わりましたね。お疲れさまでした。ほぼ読専状態でたくさんたくさん読ませていただきました。
 参加した自作はまったく読まれず順位も微動だにしませんでしたから(-_-メ)完全なるデバガメ根性でランキングの動きを観察させていただきました。特定の部門に限ってですが、ランキングの下位から上位までヨムヨムしてみて、勉強になった、と思います。
 選考員気分できっちり評価したつもりです。順位は下でも私が星みっつを付けた作者さまは自信を持って欲しいと思います。

 突発的に投げた短編は、部門別では上位の方にいたりして嬉しい限りです(ゲンキン)。読んでくださったみなさま、ありがとうございました。

 ヨムは通常モードに戻し、またカクカクしてまいります。実は書き溜めまったくできてません(爆) いつものごとく突発的な更新になるので、見かけましたらよろしくお願いしまーす。


 それでは読書メモいきます。

『大人になるまでに読みたい 15歳の詩⑤ たたかう』和合亮一編集(ゆまに書房)

 目先を変えてたまには詩集でも~なんて手に取ってみたのは「たたかう」。
 たたかうってさ、結局自分自身となんだよね。でもそういうことって、人に言われたからって分かるものでもないんだけどな。
 例えば、茨木のり子の『自分の感受性くらい』。部分的に抜粋します。

「苛立つのを/近親のせいにはするな/なにもかも下手だったのはわたくし」
「駄目なことの一切を/時代のせいにはするな/わずかに光る尊厳の放棄」
「自分の感受性くらい/自分で守れ/ばかものよ」(p23より)

 わかります。わかりますよ。ワタシも、生い立ちや環境のせいにする人、大嫌いです。でもこれって、乗り越えたからそう言えるのであって、その渦中にいる本人が聞き入れられるかというと、そうもいかないですよね。自分で気付かないと。茨木のり子は厳しいです。『椅りかからず』とか。
 他にも、これ15歳が読んですとんと胸に落ちるのかなあってチョイスが多いのだけど、それは私が大人だからそう感じてしまうのであって、15歳には15歳の受け止め方があるのでしょうね。


『日本語を味わう名詩入門19 谷川俊太郎』萩原昌好編(あすなろ書房)

 現代詩人の中でいちばんを選べといわれたら私は谷川俊太郎を選びます。若いころは、やさしい言葉の端々にただよう孤独感に共感しました。さびしさ、やさしさ。それは人が生きるということに繋がる命題ですよね。
 それはそれとして、今読むと、マクロをミクロな日常に引き寄せる技術が上手いなあと感じました。『朝のリレー』の「目覚まし時計のベル」もそうだし、『二十億光年の孤独』でも、火星や宇宙に想いをはせた後の「僕は思わずくしゃみをした」という結び。すごいですね。
『おっかさん』では地球を母親、引力を愛情、人間を思春期の子どもと例えています。すごいなあ。

 今回は以上です。

26件のコメント

  •  皆様のコメントが励みになりました。
     なんとなく、最終日に22位にいたり(笑
     もう、本当にプレッシャーでした。もう死ねる(爆
     奈月様の短編も面白かったですよ~。

     私はこの先も通常運転でしょうねぇ。
    『革ジャン先輩』をのんびりアップしながら、夏に向けて公募の作品を……
     で、いっぱい読んで……やっぱり死ねる(爆 

  •  お疲れさまでしたー。カクヨムコンは消耗しますよね。私は今年は二三歩引いてたので観察できる余裕がありました。

     今年は目に見えてアクドイ行いもなかったふうですし、それ以前に何人か消えたみたいだし。そのへんは運営が善処してくれたのかな……。あからさまにサクラっぽいアカウントは多かったですけど、前回私がノイローゼになったみたいに誤魔化しのために第三者を巻き込む様子はなかったですし(私が目にした範囲では)いたって平和でした。読み合い自体は私は賛成ですから、それで運営のコメントにあるようにたくさんヨムヨムされたなら良いとは思います(正直、この順位にいるのはおかしいだろって作品ありましたけど、どうせ最終選考ではじかれるでしょう)。もうすこしまんべんなく読み手が回れば、とは思いますけど。

     カクヨムコンは終わりましたけど、これから公募コンテストが目白押しですからねー。毎月長編を仕上げていきたいところだけど……ムリだろうなあ……。
     お互い頑張りましょう。

  •  カクヨムコン、僕は完全に傍観者モードでした。
     実はチラッと書いてみようとも思ったんですが、☆のつく作品……と分析しちゃうと、ううんってなっちゃっいました。

     最近、短期間で☆1000とかの作品があるけど、あれって何なんだろうと考えたんですよ。共通点は、なろうテンプレです。特に今は異世界物でも、ハズレスキルを引いた主人公が、そのスキルを逆に利用して無双するのが流行りだそうです。
     そのパターン、多いですよね。やり尽くされるまで、徹底的にやるんでしょうね。

     この前、なろう読者(僕の小説は読まない)の兄が、カクヨムものぞいてみたっていうんですよ。読んだって作品はやっぱりなろう系でしたね。
     つまり最近は、なろう民が検索の延長としてカクヨムも使い始めた。そういうことらしいです。なろうとカクヨムが混じって、たとえば海水と淡水が混じった場所ができたって感じでしょうか。
     カクヨムの中にあるなろうと、☆で競うのは現実的じゃないと気づいて、じゃあなろうを書くくらいなら、なろうで書けばいいじゃんと思って、結局、カクヨムコンは見送りました。

     当面の自分の方向性がようやく決まりました。

     とりあえず『放課後パーティー』を完結させます。そして特に最初は短編として書いたため改良の余地の大きい第1章を中心に改稿して、『ファミ通』に出そうと思います。

     新作は楽しみながらチョボチョボ書いて、ある程度まとまってから公開することにしました。そのため、いったん取り下げました。出すからには、定期的に更新できないと失礼だし、こっちも迷うし。

     奈月さんみたいに、毎月長編とか。ムリだろうとは言いながら、想像できるだけでも凄いなあ……。
     

  •  恋愛部門だと、乙女ゲームに転生ってのが流行りみたいですね。夢小説の延長ですよね、これも。ゲームの設定はオリジナルに変えてはいるのかな……。はなから読む勇気はないので、信頼している作者さんのしか読んでませんけど。

     それと目立つためのテンプレ風タイトルですよね。恋愛部門に関しては、タイトルこそテンプレ風ですけど、内容はしっかりしてるのが多かったです。上位陣は実力派の人たちばかりで納得でした(ごく一部をのぞいては) ただ、なんでしょう。以前話した「上手過ぎて評価されない」じゃないですけど。上手だけど爆発力がないっていうか。この中から大賞作品が選ばれる気がしなかったのですよ。私が目を通した中では。それこそドラマ化や映画化だって狙えちゃいそうなって作品があったけど、こちらは星の爆発力がイマイチ(もどかしいっ)

     恋愛部門は星の入り自体が他より少ないですから。ここから星1000とか出ることはないのでしょうね。

     更新の仕方などの戦略も大きいと思いますよ。上位の作品は最初から最後までその位置で突っ走ったって感じですよね。あと言葉は悪いですけど、年数を経てきて、相互の関係がはっきり出てましたよね。なん十作品と渡り歩いてると、その作者さんの所属グループがはっきりわかりましたもん(笑) 関連作品のピックアップもその繋がりみたいですし。どうやら読んだ人間の足跡からピックアップされるようです。PVの少ない作品を読み歩いているとき、私が読んだ作品ばかりがピックアップされてました。
     書き手で読み手な以上そうなるのは当然ですし、相互を否定はしません。ただの星の投げ合いにならないよう心がければいいのですしね。


     テンプレに関して。今読んでいる『ポピュラー文学の社会学』という本がとてもいい内容で。発刊は1994年ともう古いのですけど、今につながる流れだと思います、これ。生産・消費形態としての文学やいわゆる「角川商法」についてや。いつもこちらで皆さんで話し合ってることを学者が論じてくれてる感じです(笑) まだ読み始めたばかりなので、読み終わったら読書メモで紹介しますね。


     ワタシはとにかくノれるかどうかで違いますからね(-_-;)
     新作のアイデアはちょこちょこあって。角川ビーンズに向けて、おとぎ話風な王子様のお話を書いてみようか、とか。『眠りの森の』を加筆してビーズログ大賞に出そうか、とか。『鋭敏な~』はキャラクター文芸大賞どうだろうか、とか。ファミ通には女神さまをぶち込んでみようかと考えてます。一応、投げてはみようかなと。ガンガンいきましょう、ガンガン!

  •  奈月様
     私はまだ半年ちょっとなので、あくどい行いがどういった物なのか聞いた(読んだ)程度なので詳しく知らないんですよ。
     落ち着いた時期にやってきたのかな?
     私は筆が遅いので夏の公募に向けてそろそろ開始しなきゃならんのです。奈月様のように毎月なんてとてもとても……(汗

     奈月様がドキドキわくわくしながら、開始二話目で思わずレビューしてしまった『ようこそ、街の印刷屋さんへ』は、最後までその気持ちのまま読み終える事が出来ましたでしょうか?
     奈月様が普段なされない、連載し始めの作品へのレビューです。期待ほどではなかったかな? と思われていないかだけが気がかりです。


     油布様
     なろうテンプレも少しづつ、その形態を変えていきますね。
     異世界転生俺TUEEEEから、異世界スローライフに変わり、異世界ハズレスキルですか……
     それって流行が過ぎたらどうなるんでしょうね?
     なろうテンプレもそうですけど、なろうの読者を連れてくるってのも考え物です。いや、盛り上がってくれるならいいのですが、どうもそうではないようなので。
     上位の方々とはとても戦える気がしません。
     作品フォローは読み専ばかり、開始四話とかで☆50オーバー、期間内に☆600とか。次元が違いすぎますよ。

  •  えーきちさん。

     問題は、全く違うものをあたかも同じ条件のもとにランキングしていると感じることなのですよ。なろうなら最初から100対1です。カクヨムにもなろうが流入してきたから100対5くらいになりました。

     テンプレの形態のことですが、流行が過ぎたら次の開拓地に向かいます。焼き畑農業です。そしてやがて、流行そのものが終わります。ハーレクイーンロマンのように。でも、願望成就お手軽小説そのものは形を変えて消えることはないでしょう。

  • えーきちさま

    『印刷屋さん』楽しいですよー。次はどんなネタが出てくるのかドキドキ。ヒナちゃん、おじいちゃん相手に大丈夫ー? とハラハラ(お父さんの立場は……)

     Han Luさんの『さよラノ』もですが、エッセイや創作論で済みそうなものを物語に落とし込むところがすごいです。私にはとてもできない。
    こうやってキャラクターに寄り添って読むことで、より大きなテーマとして感じ取ることができるのですよね。間口は広く読みやすくエンターテーメントな仕上がり、でもそのテーマについて考えて欲しい。そういうのが伝わって、考えてくれる人が増えるといいな。

     今後も楽しみにしておりますよ~。

  •  ぶっちゃけサクラも多いですよ。星を付けるために頼まれて登録した人は継続してカクヨムを利用したりしませんよね。それでも登録者が増えるならそれで良いのだろうか……。

     引き連れて来られた読者が、他の作品も読んでくれるといいのですけどね~。読んでもなろうテンプレ作品だけなのかな。

  •  油布さん
     だったら、なろうでやれよって感じですね。
     カクヨムは素晴らしい……と鼻息荒く言いはしませんが、各サイトの特色があっていいと思うのです。カクヨム内にリトルなろうを作らなくてもよい。
     まぁけど、まだそれが人気あるので、負けないように精進します。

     奈月様
     ありがとうございます、ホッとしました。
    『印刷屋さん』は間違いなく私の代表作の一つとなるでしょう。
     そして、間違いなくこの物語は、奈月様の『三十年前~』があったから生まれた作品です。感謝せずにはいられません。
    『さよラノ』面白かったですね。他の方のレビューを見ずに自分の思いのたけを書いたら、何気に奈月様の書いたレビューとかぶってたり……あー恥ずかしい(笑
     こうやって他の作家様にいい影響を受けつつ、新しい作品が生まれてくるなんて最高ではないでしょうか?

     急ごしらえで登録した読み専なんて、運営側がわかりそうなものですけどね。盛り上がるなら、それもよしって事でしょう。

     カクヨムコンのランキング統計を毎日書いて発表している人がいますね。カクヨムコンにおいて、物語ではないものの凄い人だと思いました(笑
     応援していた作家様が上位にいると嬉しいです(笑

  •  そう言えば、『この国生き抜きにくい~』のレビューされてましたね。
     あの作品の作品フォロー二人目は私です。そして初コメも私。
     あの作品は私が育てた(育ててないって
     こういった醍醐味ってありますよねー(笑
     

  •  えーきちさんが星みっつ付けてるなら間違いないだろうと思って読み始めました、実は。 

     あれ、面白かったです! よく書けてると思います! まさに書き手が絶賛ですよね! 恋愛部門で27位……なんとか中間通過して欲しいです。ん~でもなあ、公募や読者選考なしのコンテストに出したほうが良いのじゃって気もしますね。余計なお世話ですけど。

     既に目立ってる作品はいいんですよ(暴論) こういう隠れた良作を見つけたときって嬉しいですよね~~。スコップっていうんですか? 読み専さん方がみんなそうならいいのですけど。

  •  奈月さん。

     ぶっちゃけサクラも多い……。でも、そういうのってバレたらアカバンとか。なろうは特に厳しいみたいですよね。そこまでの危険を冒すかどうか。
     まあ、なろうで応援していた人が、カクヨムでも☆をつけるのはセーフでしょうね。
     スコッパーの方、頭が下がります。

     僕は実は、奈月さんとかHun Luさん、えーきちさんレベルの文章でないと読み進むことがひどく苦痛になってしまうので、スコッパーはできません。長い間訓練して、自分の文章のアラを見つけることができるようになったことの副作用です。人間、ひとつ得るとひとつ失うのです。


     えーきちさん。
     
     運営も、なろうに飲み込まれて下請けみたいになったらマズイとは思っているはずです。こういう傾向が続けば、評価システムの変更なんかもあるかもしれませんね。

  •  複アカは問答無用でBANらしいですけど。友人知人に頼むのはアリなのだと思いますよ。そうやって登録者を増やすための読者選考でもあると思うのですよ。やるかやらないかはその作者さんの品性によるってことで。自分で頼んでおきながら「★を入れてくださったみなさま、ありがとうございます!」なんてコメントするの恥ずかしすぎですけど、平気な人は平気でしょう。
     コンテストの前の話ですけど。さすがに同じ日に100人くらいに星3入れられてた作品は、作者本人と作品は消されなかったけど星は剥がされてました。厳重注意で済んだってことかな。真相は分かりませんけど。
     同じ日に登録した新規のアカウント4件程度に星を付けてもらうのはセーフなのじゃないかな。急にランキング上位にあがってきた作品を見るとそういうのあります。定期的に新規のアカウントでまとめて星がついてて、同じ作者の作品にしか星をつけてない。分かりやすいです。精一杯好意的に解釈すれば、作品の良さを知ってる知人が応援してくれたってことで。アリってことなんじゃないでしょうか。ゼロコンでだってそういうのありましたから。

     確かに、文章へたくそな人のって読むのに忍耐力が……げほっごほっ。
     でもテンポが良くてノリツッコミが良ければ、けっこうPVがついてたりするのですよ。さらーっと読み流す人にとっては、文章力なんか関係ないってよくわかりましたよ。星は少なかったですけどね、その作品。

     まあまあ、そうおっしゃらずに。lagerさんは上手ですよ。読んでみてください。


     なろう化はカクヨムの本意ではないはずですから。講談社も投稿サイトを立ち上げたことですし、やばいと思ってますよ、きっと。

  •  油布さん
     私のは最低限の文章力ですから。テンポとリズムには気を配ってますけど。皆様のような美しい文章には程遠いです。美しい文章と美しい表現に憧れます。
     下手ではないでしょうが、上手くもない文章をカバーする為に、様々な表現方法を模索しているのです。だったら文章力をつけろって話ですが(笑
     ただ身の程を知ってますので、自分の文章に合った表現をしているだけですね。上手くもない癖に、ダラダラと長文で書かれても……と思う作家様も多いですから。書き出しと文末で意味が通ってなかったり。
     いいじゃん、そこはテンポよく切っていこう? ってなります(笑

     奈月様
     あー、けど楽しんで読んで評価してくれるならアリじゃないですかね? 仕事関係のコミケ好きの営業さんが、私の『印刷屋さん』に評価くれましたし。是非読みたいと言われたので。実際の私と革ジャン先輩を比べてニヤニヤしながら読んだそうです。印刷機の上に置いてあるお菓子箱の存在とかも(笑
     小説を書いている事を隠していないので、会社の何人かは『印刷屋さん』を読んだみたいですよ。登録してまで読んでくれたのはその営業さんだけですけど。
     評価を貰うためだけの存在は『う~ん』と思いますが。

     lager様を薦めているんですか? いいですよねぇ、lager様。文章が素敵です。けど、『夜の王』は慣れるまでちょっとかかりました。
     私は基本、会話の連続が苦手なんですよ。読解力のなさなんですかね。誰の台詞かわからなくなっちゃって。けどそれは、確かな文章力があってこそ為せる業なので、読み進める内に苦ではなくなりました。雑多感を出しているんですよねぇ、あの表現で。センスなんでしょうね。

     講談社の投稿サイトがあるんですね。
     他サイトで活動する気は今の所ないのですが、講談社は『青い鳥文庫』があるので。今年からそのサイトから応募できるならちょっと考えようかな?
     つばさ文庫で落ちた作品を他に出したいのですが、現段階で文字数に見合う公募がなくて(汗
     チェックだけでもしておこうっと。

    『九尾』まで読んで下さってありがとうございます。
     遂に鬼門を開けてしまいましたね? もう、奈月様が読む作品は残っていません。『印刷屋さん』を含め、新しい作品を生み出さねば(汗
     嬉しい悲鳴です(笑

  •  知人票はアリだとは思いますって。でもその数に頼んでランキングで目立ってる人は他の作家さんとの交流はしないでしょう。「相互はいかがなものか」なんてポーズで、レビューをくれた方にも上から目線です。私はそういう人には近づきたくないので確認しちゃうのです。

     セルバンテスは今のところコンテスト開催はないのですって。でもそうですよね。自社レーベルへの受付ぐらいはそのうち始めますよね。時代の流れがそうですし。純文学系の新人賞なんか、応募は郵送のみって、この時代にどうなの? って思いますよ。そりゃあ若い人は応募してくれませんよ。
     公募にはガンガンいきましょー。

    『世界征服』も完結したら拝見しますよー。鈴木くんが出るのですよね。楽しみ。

  •  自社レーベルは確実に始まるでしょうね。
    『青い鳥文庫』の締め切りは九月末なので、もう今年からだってあり得そうです。

     あー、『ナオちゃんの世界征服』も残ってました。
     嗚呼、私の総てが読みつくされてしまう……

  •  今時郵送のみって凄いですね。ポプラでさえWEBでの応募が始まったのに。
    『餅つき』はポプラならいけそうか? と思ったのですが制限が九万文字……流石に一万文字は削れない(爆

     先日、『餅つき』で評価します系の自主企画に参加したのですが、これがまた凄い自主企画で、一作一作事細かに講評してくれていて、とても為になりました。奈月様も『餅つき』を読んで下さっているので、チラッと見てもらえると面白いかもしれませんよ。
    『カクヨムのカレー広報部』
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054887977089

  •  えーきちさん。

     文章に憧れるっていうことは、伸びしろがある証拠です。こうなりたい、ああなりたい。こんなの書きたいって気持ちがなくなったら終わりですからね。
     なりたいイメージがあって、そこに向かおうと試行錯誤する。それが向上への唯一の道です。
     僕も自分の書いた文章の下手さに頭を抱えながら、必死に修正しながら作品を作っています。その結果が、少しずつでも出たらいいなあって思います。


     奈月さん。

     なるほど。前に親族が応援したためにアカバンされったって話を聞いたのでどうかなって思ったんですけど。同じパソコンを使っちゃったのかもしれませんね。複アカと見做されたんでしょうね。

     それはそれとして。友達100人って話がありますけど。それで☆300。システム崩壊ですね。
     もっと目立たなくやれば、防ぐのは難しいと思います。まさかレビューを他にもつけているのを条件にするわけにもいきませんしね。
     不自然な☆に目をつけて注意するとか、運営も地味な努力をするしかないんでしょうけど。なろうよりも相対的に☆の価値が高いから、問題はもっと深刻です。正当な評価とはどんどん遠くなっていきます。

     僕が文章が気になって読めないっていうのは、読みながら自分で直し始めちゃうからなんです。ここはこう書くだろうって。これじゃあ伝わらないだろうって……。挙句の果てに、疲れて嫌になっちゃう。
     ウェブ小説については評論にも書きましたけど、一般的には読みやすければいいんだと思います。ただ、僕にはそういう性癖がついているので、どうしても文章を意識して突っ込んじゃうんです。

     lagerさんは上手ですよね。一切、そういうストレスはありません。会話は特に上質です。あれはなかなか書けるものじゃありません。センスでしょうね。 ああいうお手本になるような小説は、いい意味で刺激になります。 
     

  •  奈月沙耶様。
     拙作「侍にて候」を最後までお読みくださいましてありがとうございます。また、すべてに♡や☆まで頂き、感謝の念に堪えません。
     実を申しますと、まだまだ、書いていきたかったのですけど、ネタ切れしてしまいました。いつか、また、再開致しました節にはよろしくお願いします。

     これからの奈月様の活躍に期待しております。
     ありがとうございました。

  • 公募に重点を置きつつも、カクヨムなどにも息抜きで利用している私です。
    お久しぶりです。

    流行なんのそので、モンスターを食べる話が読むのも書くほうも楽しいので、逆転移モノをね。特に料理名を考えるのが面白くて。

    「なろうテンプレ」がはこびり始めてて、何かなぁ違うんだよという感じで傍観しています。

  •  こんにちは~。

     新作、面白そうだったのでフォローしちゃいました。以前拝読したグルメ系(?)ファンタジーもほのぼのしながらゆるく猟奇的なのが面白かったので。あれも料理名にいちいちふきました。今度のジビエ料理も楽しみにしてますね。

     逆転移ものなのですね。にゃべ♪さんが、そろそろ逆転移もの流行らないかなあ、とつぶやいてらして。なろう勢の進出が目に余るので、これぞカクヨム!っていうのが流行ると良いですが~。これぞカクヨムってなんだ?って訊かれると困りますけど(無責任)

  • こんにちは~!

    フォローありがとうございますっ。更新頑張ります。

    お、ということは流行を先取りしちゃった感じになってしまったのかしら(笑)
    時事ネタも組み合わせています。ジビエが第四の食材らしいですよー、という情報を耳にしたので、書いてみましたー。

  •  へえええ、ジビエサミットなんてものも開催されてるのですね。私はお祭りの屋台でイノシシ鍋に中ったことがあるので、尻込みしちゃいますけど。
     野生動物の街での出没も多いですもんね。うちは田舎なので、シカもイノシシもムササビもサルも普通に目撃したことありますが。

     聞いた感じ、以前やったスマートニュースコンテストに向いてそうな内容です。あれもうやらないのかな。
     一瞬にしてムーヴに乗れちゃうのがネット小説ですからね。タイトルで面白そうって思えますし、たくさんのユーザーの目に留まるといいですね。

  • ありがとうございます。
    私のところも田舎と言えば田舎ですよー。

    逆転移モノ、流行らないかなぁ、ほんとに。
    イノシシって別名が「やまくじら」みたいですよ。

  • こんにちはです🍀

    昨日はご訪問ありがとうございました。詳しいお返事は自分のノートに書かせて頂きましたが、自身の知識不足も含め励みを頂き同時反省することもあり、気持ちも楽になってきました。

    🌸貴重なお時間の中、ありがとうございました🌸

  •  こんにちは。わざわざご挨拶をありがとうございます。
     お気持ちが落ち着かれたのなら良かったです。

     自分が精魂を込めて編み上げた作品が評価されないのは苦しいでしょう。ですが、特定の場での評価がすべてとは思わないでください。人と場所が変われば受け止められ方も異なるのですから。

     本が売れなくなった反面、小説を書く人たちの人口は増えています。そのなかで評価を得るのはなかなか難しい。そんな中でもこのカクヨムでは交流してくださる方々が多くいらっしゃいます。そういう方々の意見を聞きながら、自分の考えもしっかり持たれて行かれれば良いと思います。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン