「カクヨム×魔法のiらんど」コンテストの読者選考期間が終了しましたね。応募者のみなさまお疲れさまでした。
 8~10万字で完結済み、タグ付けなどの条件を満たした作品のうち3分の2ほどには目を通させていただきました。
 その中でもピカいちだった作品。ストーリー構成が素晴らしくキャラクターも魅力的。文章もさくさくとテンポよく引き込まれる。これは大賞とってもおかしくない! って思った作品があったのですが、ですが、ひとつ懸念材料が……ラブ要素がない。
 これはどうだろう。魔法のiらんどだからなあ。ラブは大事だと思うのですよ。どうだろう~~。とっても面白かったから選ばれて欲しいと思うのだけど、どうだろう~~。うーん……。
 とりあえず中間、私が良い! って思った作品たちが通ると嬉しいなあ。他人事ながら発表を楽しみに待ちたいと思います。

 で、カクヨムコン参加作品も既にかなりヨムヨムさせてもらってます。中でもドハマりしたのが、こちら。

 春野きいろさま『北風を、顔で受けても』
 https://kakuyomu.jp/works/1177354054885052228

 めっちゃ良かったです! めっちゃハマりました! いやあ、良かった~~(語彙力どこいった)

 北川らいむさま『モザイクの月』
 https://kakuyomu.jp/works/1177354054886977857

 小林礼さま『沙州関異聞』
 https://kakuyomu.jp/works/1177354054886336777

 この二作品も良かったです!(だから語彙力……)


 今はミステリー部門(怖がりでホラーは読めません。ごめんなさい)を漁ってますが、その前は恋愛部門をローラーしてました。星の増加率が低いジャンルから攻略しようと。あ、今回私がヨムのは完結済のものです!

 で、みっちり恋愛ものをヨムヨムしてて思いました。恋愛ものって難しい。
 恋愛の価値基準てひとそれぞれでかなり開きがあるじゃないですか。主人公なり登場人物の考えや行動に共感できないと「なんじゃこりゃ」って引いちゃうだけなんですよね。
 そこで必要になってくるのが、問答無用で読者を引きずり込ませる文章力、演出力だよなあと。共感はできなくても「なんかわからないけど泣ける」「切ない」って感情移入できれば良いのですよ。逆に恋愛あるあるなわかりやすいネタでも、描き方が悪いと冷めちゃうのですよ。情感を煽られないと入り込めないんですよね、恋愛ものって。

 で、自身の恋愛もの作品を振り返ってみて……どうなんでしょう。どおなんでしょおおお!? とっても不安。
 ……なーんて、考えて万人受けする設定やストーリーで書けるわけでもなく。その時その時に自分の書けるものを自分の書きたいように書くだけなのですけどね~~~。自分の書きたいものが需要にマッチングしている書き手は幸運だよなあ、と思った次第です。はい。

29件のコメント

  •  自分の作品って中々客観的に見れないですよねぇ。
     恋愛モノなんかは、本当に作者様の経験や妄想が出るから。
     奈月様の作品は面白いと思いますよ。いい意味でリアリティがあって。
     甘くないですけど(笑

  •  ありがとうございます。そうなんですよね。リアル重視な私には甘々な恋愛が書けません。読むのも苦手だし。でも需要があるのは甘々なんですよね。いじいじ。
     でもでも、甘々でさらーっと読める恋愛もので、PVはすごいのに星はあんまりっていうのがあって。読み専さんがさらーっと読みはするけど、星を付けるほどじゃないのかなあ、みたいな。web小説って……。

  • えー、流れ豚切りごめんなさい。

    今回も興味深い歴史物をありがとうございますm(_ _)m
    あっちのコメに書くのはなんなのでこちらに失礼。

    「信長のそれは非常に過ぎ」
    これ、ひょっとしたら「非情に過ぎ」?

  •  そうです。修正しました。ありがとうございます。

  •  異世界転生もオレTUEEEEも甘々もそうですが、みんな現実逃避したいのねって思います。それでいて公募ではリアリティがないとか、どっちやねん!
     会社でも上手くいかず、彼女にもフラれ、転生したらもっと酷い世界が待っていて、現実の方が良かった。帰りたい。って話書いてやろうかしら(笑

  • >現実の方が良かった。帰りたい。

     本来、訪問型ファンタジーってそうあるべきだと思うのですよ。現実に帰るために頑張るわけですから。行ったまんま物語じゃ何も成長できない。

     人によりけりですが、自身で体験できることって少ないじゃないですか。そこを補って精神的な深みを持たせてくれるのがリアルな創作物だと思うのです。私はそうやって耳年増になりましたし(笑)
    現代人は逃避し過ぎだと思います。自分自身が変わらなければ何も変わらないのに。娯楽が多すぎるのがいけないのかな。

  •  カテゴリが多すぎただけでしょう?
     選ぶものが沢山あれば誰だって、リアルより自分を慰めてくれる話の方がいいでしょうから。夢見すぎー!
     奈月様は、リアルに突っ込んだ話が素晴らしいので、都合のいい話は書けそうにないですね。
     それがいいんですけど。

  •  そうなんですよねえ。書けないです。ありがとうございます。

     読み心地が良く、リアルに刺さって、かつエンターテーメントな作品が書けるといいのですけど。まだまだ精進です。

  •  奈月さん。

     よくわかります。つまり読者の感覚と齟齬がある物を読ませるには、文章力や演出力に代表される、それなりの技術がいるってことですよね。恋愛物に限ったことではないと思いますけど、特に恋愛物はその傾向が大きい。独自の世界観を伝えるのは難しいですからね。
     奈月さんの恋愛小説はリアルですから難しかったでしょうが、成功していると思います。普段全く恋愛物を読まない僕がリアルに想像できたんですから。


     えーきちさん。

     オレTUEEEEとかの異世界テンプレ小説は、公募とは別のものです。最低限、書いてあることがわかるだけの文章力でも、テンプレなら問題ありません。ヤルことが決まっているエロマンガと一緒です。
     テンプレから外れると、それをちゃんと最初からリアルに想像させなければいけません。奈月さんと同じ悩みですね。もちろん僕もそうです。どういう書き方が最適なのか。試行錯誤の連続です。

  •  ありがとうございます。だといいのですが。分かってて振り切ったもの書いてるのだからウケないのは仕方ないのですけどね。きゃあきゃあ喜ばれるような甘々なんか書けませんし。
    でも、振り切ったファンタジーも書いてみようかしらって、こそこそ書いてます。公開しても呆れないでくださいね~~。

  •  油布さん

     確かにまったくの別物でしょうね。
     テンプレ作品にはある種の予定調和の楽しみがあるんでしょう。
     唯一を目指す私には読みはすれども、絶対に書かないと思いますが(笑
     だから胸を張る事にしましたよ。


     奈月様

     どんなに振り切ったファンタジーを書いても、油布さんの描く世界観のように、読み手が真剣に読むにはそれ相応のリアリティが必要になりますよね。
     私は奈月様の行動描写力は無二のものだと思っています。
     どんな振り切ったファンタジーを書いたとしても、それが損なわれる事がないと思うので、どんどん新しい事をやっていけばいいのではないでしょうか?
     むしろ、ぶっ飛んだ作品に興味がありますよ。


     私は思います。
     小説も漫画も音楽もゲームも、「こんなの〇〇じゃない」と言う人はどうなんだろうと思います。
     新しい事、物に取り組むのは作り手の成長を促す物であり、義務だと思います。立ち止まってなんていられませんからね。その作り手の未来を「こんなの〇〇じゃない」と言う軽々しい言葉で否定して欲しくないですね。

  • 新作拝読しました。

    参ったなー、おちゃらけたことを書く隙もない、おとぎ話とはかくあるべし、と思ってしまいました。

    そしておそらく、この後編はいかにも作者さまらしい勢いのもとで書かれていて、改行のタイミングといい空行の使い方といい作者さまテイストに溢れまくっていて……。
    「おー、乗ってきてるな作者さま」と勝手なことを思ってしまったものです。


    魔王と称される父親が(いや、魔王なんだよね)手をこまねくほどの状況を打破するのは、やはり純粋な「想い」というものなのでしょう。


    これぞファンタジーですね、中間全部吹っ飛ばして頭と終わりだけでも、骨があれば物語は成り立つということを、私は今日知りました。
    素晴らしい発見を、ありがとうございましたm(_ _)m



    最後に蛇足です
    「良い差した時」←誤字かな

  •  はい。今朝どんど焼きが終わって時間が空いたので、今夜にはぜったい公開だーと思って勢いで仕上げました。相変わらずノリがバレバレで(^-^;

     後半はお察しでしょうが『雪の女王』のイメージです。ファンタジーの原形はおとぎ話ってことがはからずもよくわかりました。やってみれば発見があるのですね~~。

    「言い差した」でした。いつもありがとうございます。

  • 『アナ雪』といえばですね……。
    私があの作品を観終わって最初に思ったのが、、、

    「エルザの魔法によって国民は夏でも涼しさを享受できるようになり、高価な氷を買う必要も無くなった。その一方で、大切な収入を断たれてしまった氷職人たちは……」

    というどうしようもない続編への期待だったのは、内緒です(>_<)

  • あー、違った。
    アンデルセンの方だな作者さまが言ってるのは(>_<)

  •  アンデルセンの方ですね。あれってゲルダは雪の女王の城に行くのにすっごく苦労してるんですよねー。なぜか出会った人たちが助けてくれるけど。みんなで恋の応援をするところは学園ラブコメのテンプレみたい。カイって、そんなに苦労してまで迎えに行く価値あるかあ? って思うけど。

    >大切な収入を断たれてしまった氷職人たちは……

     確かに~。あれって身内の喧嘩で女王が暴走してえらい目にあったのになんで国民は喜べるんだ? とも思いました(はい。ひねくれ者です)

  •  王様への感情は色々です。
     感覚の違い。
     これ大切ですよね。

     歴史と宗教、文化によって考え方が全く変わってきます。
     アンデスの古代文明は生贄を求めたけれど、生贄は喜んでいたという説があります。スペイン人が破壊の限りを尽くしたので明らかではありませんが、宗教にはそういう側面があります。
     キリスト教がなぜローマ帝国の国教となったか。これも神と王との同一視を認めない西方文明国の文化の中で、王権を安定させるためという考え方を否定することはできないでしょう。カエサルの物はカエサルに。神の物は神に。それが王権の保証になりました。
     そのため、あれだけ内乱が激しかったローマ帝国は、キリスト教を国教にしてから、少なくとも皇帝の権力については安定しました。

     中世のヨーロッパではロイヤル・タッチというものがあったそうです。王様や王妃が病人を触ると病が治る。そういう信仰があったというのです。
     アナの世界はたぶん、キリスト教化以前の世界の伝承が伝わって混ざっていると思います。でも、そうであるなら尚更に、当時の社会の神や社会は国王に対する特別な尊敬が今とは違っていたと考えるべきです。

     神と王とを一体化できる思想背景を設定するなら、天災が去った時のような雰囲気になるのもあながち間違いとは言えないのではないのでしょうか。 

  • 「アナ雪」に限らずディズニー映画の世界感だと、国中みんな家族って、村社会的な一体感がありますよね。童話の中の王様は親近感があります。

  •  ウェブコン、上位に書籍化作者がバンバンでてきましたね~。

     本来のコンテストって作家を見出すためのものなんだと思うんですよ。実力がわかっているなら、後は編集や担当が見極めて次を出すか決めればいい。それがまた、コンテストですよ。次回作品の見極めもウェブサイトの仕事になったんですね。(まるで、龍皇杯みたい)
     そういう流れながら、当然、経験者は有利です。基礎能力もそうですが、固定ファンもついています。やがて上位のランキングがそういう作者で埋まるようになれば、カクヨムって、編集者の下請け機能に特化するようになっちゃうかも……。


     

  •  去年に比べて、上位陣の星の数が桁違いだなあ、読専さんが増えてる証拠だなあって思ってみてましたが、実績のある方々なわけですね。なるほど。

     やっぱり、読んで面白いと保証されてるであろう上位の作品しか読まないですよね。一般的なヨムさんは。
    「大賞を予想してレビューをしよう」みたいなキャンペーンありましたよね。あれだって、上位作品へのレビューの促進にしかならない。まんべんなく読者をまわす工夫をする気はないんだなって思いました。

    「ウェブコンはお祭りだから」って好意的に参加している書き手たちだってヤになっちゃいますよ。こんなのが続くんじゃ。また新しい投稿サイトがオープンしましたし、様子を見てそっちに移っちゃう人たちだっていますよね。少なからず。

     上位陣は上位陣で、神経をすり減らして戦っているようです。毎日更新しないと読者が離れちゃうとか(苦笑) そういうのを遠くから眺めるのみです。

     一方で、二月から始まるコンテストには読者選考がないのですよね。どんなふうになるのやら。

  •  こんにちは。
    『革ジャン先輩』の1ページ目の最初に文章をちょこっと追加しました。
     ある意味尖った表現とも取れるかもしれませんが、全体のバランスとしてはその数行があるだけで締まると思います。

     長期にわたり応援ありがとうございました。
     今、何気に21位にいたりします(笑
     自分的最高順位だ~。
     ホント、みなさまのおかげでして、足を向けて眠れません。
     それでは、後日発表をしばしお待ちください。

  •  冒頭の二行ですね。良いと思います。フォーカスがぴっと合わさった感じがします。

     魔窟のキャラ文芸部門でそれはすごいです! きちんと完結させてこそですよ~~。
     気にしなーい、なんて思ってはいても、ランキング上位にいけると嬉しいですよね(ゲンキン)
     ワタシも短編の異世界部門で2位、ラブコメ部門で瞬間的に1位が取れました。ありがとうございます。
     ラストスパートでレビュワーさんの動きが活発でランキングの動きも目まぐるしいです。特に短編部門。相互の動きを見てるだけで楽しいです。くっくっく。いえ、適切な評価なら良いのですよ。適切なら。ワタシも肝に銘じながらヨムヨムしてます。


     重大発表、気になります~~。なんだろう???

  •  わっ、あの二作、カクヨムコン参加作品だったんですね? 気づいていなかった(汗
     だからあの終わり方だったんですねー。
     面白かったですから。鋭敏な俺と愚直な君の方は、終わり方がもうもやもやしてしまって(笑

     ランキング上位に入ってくるのは正直嬉しいですよ。
     けどそれよりも、皆様のリアクションが嬉しいですね。
     上位にいても、☆が多くても、コメントが少ないのは寂しくないかな? と思ったりするのです。
     読み専の方々はコメントとかあまりしないんでしょうね。

     コンテストを楽しむのもそうですが、新しい作品を生み出せた事が一番、参加した甲斐があったと感じる所です。

  •  そうなのですよ。ヨムヨムしてたら思いついちゃって。エブリスタのyomyomに出すには合わなさそうなので、こっちにぶち込んじゃいました。

     鋭敏な~は書き始めたら広がっちゃって(-_-;) エピソードもいくつか思いついたので、そのうち完結済み解除して連載すると思います。

     ☆たくさんついてるのにコメがないのってありますよね。コメが少ないと書き込みにくいってのもあるかも。コメントがにぎわってると、自分も乗っかりやすいですもの。

     声なき読専さんに反応してもらえるようなの、書きたいです!

  •  カドカワさんもプロですから。読者選考に見切りをつけたのだと思いますよ。
     読者選考で圧倒的な支持を受けてる書籍化経験作者の作品が一位だったら、他の作品を上につけにくいです。何でだよ~とか言われちゃいますからね。そこのリスクには、いい加減、気づいたでしょう。

     でも、作家として囲い込まずに放置するなら、次の機会を求めるなとはいえないですからね……。カクヨムのウェブ小説サイトとしての機能は定まったと思います。ランキング機能は全て死んだと思っていいでしょう。なろうの完全勝利です。
     カクヨムは投稿ツールと同人ツールとして特化していくと思われます。僕はそれでいいです。というか、仕方がないことなんですよね。

  •  ご無沙汰しております。

     この度は《鏡現戍狩》お読みいただきありがとうございます!
     評価まで頂いて恐縮です。
     時代小説を書きたくとも、時代考証やら決まりごとやら理解することを諦めて多大に誤魔化した世界観でしたが、読み切って貰えて嬉しかったです。

     今度はちゃんと理解した上であり得ない街並みを生かした物語が書けるようになりたいと思います。

  • 油布さま

     今後、読者選考がカクヨムコンのみになったりすると分かりやすいですけどねー。

     確かに。投稿のしやすさと交流のしやすさはカクヨムがダントツです。


    橘 月さま

     いえいえ。今まで読ませてもらったお話の中で《鏡現戍狩》がいちばん好きかもです。読みやすさとシリアスのバランスとか、キャラクターとかもバランスがいいなって思いました。これも続編が欲しいなって思っちゃいました。

  • 『俺様系イジワル男子のススメ』と、『悪魔が願いを叶えてくれるって言うから、先輩への恋を成就させてもらうことにしました。』に星をくださってありがとうございます。

    カクヨムコン短編用に書いたのですが、文字数制限があるので苦労しました。
    もっと面白く、読み易くを目指して、これからも話を作っていきたいです。とても励みになりました(^∇^)

  • 奈月さま、こんにちは♩

    どうも初めまして、高尾つばきと申します。

    ご多忙の中にもかかわらず、拙作「薔薇美の物語」をご覧くださり、またお★さままで頂戴いたしまして、誠にありがとうございます!

    御礼でお邪魔いたしました。

    今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます♫

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン