「短い不思議な話」の「ラバー・ダック」より以降の通し番号が間違っていましたので直しました。いつの間にか十も水増ししていたらしく、或いはそれらの話は虚空へ溶けたのかもしれません。

3件のコメント

  • 虚空へ溶けた十のお話…とても気になりますね。
    メモ書きのようなノートですら幻想的な物語にしてしまうところ、流石だなと唸りました。

  • >青い向日葵さん
    ありがとうございます。衒ったようなメモになったなあと少し後悔していましたが、そう言って頂けると嬉しいです。

  • >十人十色。さん
    ものを書く身として年齢性別その他の書き手の情報はあまり明らかにしても…という考えでありまして(男ではありますが)…
    ただひとつ、この筆名は私の本名とはだいぶかけ離れたものですので、恐らくその級友の方とは無関係かと思われます。
    ご要望に添えず申し訳ありません。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン