ふざけたエッセイの連載がはじまりました。

カクヨムコンの長編部門に参加しているという設定で、あれこれ語っていくことになると思います。

言うなれば、疑似エッセイです。最近こんなのばっかりですね。

疑似エッセイ……つまりエッセイの体をしたフィクションというのは、作劇の技法をカジュアルに試すのにうってつけだと思うのですよね。実体験をベースにしつつ、都合に応じて話が盛れるので。リアリティという縛りがあるのも個人的に書きやすいポイントです。

この連載も執筆準備から作品完成までの流れに起承転結を設けて、ひとつの完結した物語として成立するよう考えました。

考えました。が。

いざ書きはじめてみると、どうにも余計なことを書きたくなってしまう。そんなわけで、当初の構成を大幅に逸脱しそうな予感がぷんぷんします。尤もらしくも劇的な嘘話を目指していたはずが、普通の創作論っぽい内容になっています。

あんまりもたついていると、カクヨムコンがはじまってしまうので早いうちにどうにか構想を立て直したいものです。