公開しました。某所で公開している短編に大幅に手を入れたものです。およそ3年越しの改稿ですが、劇的によくなった感じも特にせず、改めてこの3年間自分は何をしていたんだろうと思い悩む結果となりました。

のっけからダウナーですみません。でもこの1週間くらい、本当に筆が進まなくて……なんかもう何のために書いてるのかもわからないし、これから先書ける気もしないし、かといって他のことにも集中できないしで、家にいる間はほとんど横になってました。この改稿も合間合間に少しずつ書き進めてようやく形になったのですが、どうにも確信が持てません。このところ短い話ばかり書いていたせいでしょうか。筆が乗らない乗らない。

いや、そもそもの構想として現代エンタメの文法から外れてると思うのですよ。本当はもっとキャラ付けを濃くして掘り下げてくのがベターなんでしょう。ヤンキーとかメンヘラとかビッチとかいじめとか虐待とか、そんな感じです。実際、そういう改稿も考えたのですが、ガラじゃない気がして断念しています。「そうじゃない人達には主人公たる権利はないのか?」と思ってしまうのですね。今回は特に、日常系アニメ的な設定を下敷きにしているので、それを言い訳に諦めた部分もあります。ラノベならラノベでもうちょっとキャラ付けの仕方があると思うんですけどねえ。

とにかく抱え込んでるといつまでもうじうじ悩みそうなので、今回はさっさと公開しちゃいます。気が向いたときにまた手を入れられればなあ、と。

そんなわけで今回は弱音を吐き通しでした。体調もよくないのですが、いまいち原因がわかりません。バテるのは例年通りなんですが、眠れなくなるのははじめてで……はあ、秋が遠い。