1章のテーマはオカルトです。

幽霊、妖怪、UMA、霊能力といった、オカルトの要素を使った話です。

オカルトはフィクションを好きな人ほど、楽しめるのではないかと思います。何故なら、オカルトは現実を舞台にした壮大なフィクションだからです。

『クトゥルフ神話』や『ロードス島戦記』に代表されるTRPGに近いかもしません。

フィクションだと書いてしまいましたが、まあフィクションでしょう。

ただ、もしフィクションだと思っていたものが、フィクションでは無かったら。
想像しただけで楽しくないですか?

オカルトが持つロマン、ぜひ皆さんも興味を持ってもらえると嬉しいです。