各章はテーマを決めて書いています。
0.5章のテーマはとても軽いミステリーです。

最初の章ですので、規模の小さな話を書いたところ、思っているよりもかなり地味になってしまいました。

なので、1章と交互に投稿していきましたが、それはそれで話を合わせていくのが大変でした。

小説を書くのは難しいですね。

ミステリーと言えば、横溝正史先生の金田一シリーズはとても面白いので、よかったら時系列順に読んでみては欲しいと、切に願っております。
年代に沿った殺人事件や犯行動機になっており、と、面白さについて書き始めたら長くなってしまいますので、これ以上は止めておきます。