書きたく無いな〜ということが起こるのは珍しいかもですが、
低迷。

エッセイとかはいいんです。小説の方。

筆致企画にも頭を悩ませてる最中です(プロットだけはぼんやりある)。
書かなきゃ、と思うのですけれど。
『楽園の果実』の続きも書かなきゃいけないのですけれど。

書くのが若干「辛い」にきてるので、
書いたら危険かもしれません。


でも書くかもしれません。わかりません。

少なくとも『楽園』は、来週月曜のアップだけは目指しますが、その後が今まで以上に不定期更新になるかもしれませんので、それだけお知らせします。

みなさま、酷暑です。どうぞくれぐれもご自愛ください。

8件のコメント

  • 蜜柑さん、お仕事のピークは越えましたか? 「書きたくないかも」は、ジットリ、嫌な感じですね。

    近い話なんですが、僕はお盆休みが返上になってしまって、そのとたん「自分の作品がとてつもなく下手に見える病」を発症してしまいました。どよーん。もう今週はなにも書くまいと決めて、昨日は一日読みたかった本とかに浸ってました。ああ...すごくラク...癖になりそう...って思いました。

    僕の夏休みは結局9月になっちゃったのですが、その頃までにはフツーに戻ってたらいいなあ。

    (もちろんへたっぴなのは変わらないがね)

    (ま、前向きになれればってことだ!)

    (へっ、お気楽なことで)

    (なんだと!)←得意の一人相撲勃発


    蜜柑さん、どうぞ無理なさらずに。
    よかったらコンビニで涼しい探検でも。
    ハアゲンダッツの新作美味しかったですよ。

  • 蜜柑桜さん

    お言葉に甘えさせて頂きます。

    ちっぽけな詩集へのコメントでした。
    ジグソーパズルって題の詩にコメントでした。💦

    とりあえず原文と翻訳アプリで検索してみた訳もコピペしました。
    どんな意味か分からない(笑)

    once used tangrams to make different styles,peaks and the sun,skyscrapers,drinks,and something with morals。It's just depends on your imagination。

    かつてタングラムを使用してさまざまなスタイル、ピークと太陽、高層ビル、飲み物、そして道徳的なものを作りました。それはあなたの想像力次第です。

  • 蜜柑桜さん
    近況ノートにコメントありがとうございます。
    その方は風下さんと言うネームの方ですが、応援♡をくれています。
    作品とかはまだ投稿されていないようです。
    中国の方なのかなとは思ってたのですが、コメントにどう返事をしていいのやら💦
    日本語でコメントありがとうございますとだけ書いて置こうかと思ってます。詩集を読んで下さっているようですが……日本語の勉強してるのかなぁ

    とにかく助かりました。
    ありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))

  • 蜜柑さん、おはようございます。
    お返事ありがとうございました。
    (また余計なことを言ったのかとドキドキしていましたので)
    (言っていたらすいません)
    (僕は本当に自覚がないのでたちが悪いのです)
    (必死なときにお邪魔してしまいましたね)←気が効かんのよコイツは
    (そういう時は僕にもあるので、よく分かります!)

    それにしても。
    作品オモロイかツマランか。
    第一読者である自分がツマランと思うものは
    残念だけど公開できませんよね。←どよんとしてます
    あー空が青い。

    ええと、下向きな雰囲気は伝染るんです!
    なのでしょぼい話はもう終わり。

    蜜柑さんの筆致、朝飯食ったら拝見します!
    たのしみです!
    それでは!

    (ああ、今朝はうどんの気分! ゆでるぞ!)
    (うどん!うどん!)

  • 新巻です。

    「空に走る」ですが、本編にコメント入れれば良かったですね。

    あのようなコメントを差し上げたのは、瞬間の切り取りが上手いなあと思いまして。私は割と作中の人物が常に頭の中で動いているのです。
    前回の「雪を溶く熱」の際も時を凝縮した瞬間を上手く描くなあ、と感じていたので、そういう職業的なものをお持ちかと。
    写真は趣味でやられているんですか。
    そのセンスが小説にも生きてるんでしょうね。

  • すません! 夏バテの併発と共に、コメントにも自信が…とほほ。
    この夏劇場公開『ヘタレサマー2020!』って感じですよー。←意味不明

    今週夏休みだったはずなのに、急遽出社になったのが痛かったです。
    あー手元にマシンガンがなくてよかった。
    あったら職場で打ちまくってたよ…。
    (先週ブックオフに売っといてよかったあ!)
    ※ね、こんな具合にギャグも冴えないヘタレサマー2020です。もーやだ。

    今作も、主観(主役)から伝わる当事者感(臨場感、「その場に居る感」かな? 上手く伝わるでしょうか。ああ言語化脳が冴えねーよー)がすごくある、じつに蜜柑さんらしい作品だなあと思いました。読み手が主役の目線や立ち位置に自分を重ねやすいのが持ち味ですね。何でそんな風に書けるんだろうと思います。

    なんか面白いのは、筆致テーマが変わっても、作者さんの色は変わらないことですね。ゆうすけさんは『地に足つけて構える』だし、へもんさんは『本当は伝えたい』だし、薮さんは『輝く一瞬のための作りこみ』という皆さんの特色がよく出ていました(今夜は僕は詩人みたい。以上僕の勝手な私見です)。

    ああ、こんなコメントするなら、作品の方にすればいいのにね。ほんと判断が冴えないヘタレサマー2020です。

    おやすみなさーい。←ふて寝

  • 新巻へもん様

    お返事、ありがとうございます。いえいえ、消してしまったのはこちらの勝手でしたので、こちらこそすみません。
    写真は趣味、と言えるほど本格的にやっているわけではなく、旅先で撮るのが好きというレベルです。
    私も登場人物が頭の中で動く方です。動いてくれないと書けません。本当に作中人物って作者の手に負えない生き物ですね。

  • 初めまして
    わざわざコメントありがとうございます。
    やっぱり企画用のノートも作らないといけませんね。

    エッセイについては、かなりゆるくてもいいと思っていますので、そのままでもかまいませんよ。
    ただ、タグに猶予があれば、自主企画の期間中だけでかまいませんので、一部海外、何話と何話海外などのようなタグをつけてくだされば、よりいっそう嬉しいです。

    本棚企画にご参加いただきありがとうございます(*^^*)

    ではでは〜

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン