遅くなりましたが、あけましておめでとうございますm(_ _)m

PCが使えない環境なので、携帯電話から手短に新年のご挨拶です。

多忙のため、昨年はなかなか思うように執筆が進みませんでしたが、何とかコンテストにエントリーという形で、一作品『虜囚達と夜のユリシス』を連載開始することが出来ました。

しかもおかげさまで多くの方々にご愛顧賜り、PVも順調に伸びております。

1/11頃に最終話公開予定ですので、引き続きよろしくお願いいたします。

皆様にとって今年も素晴らしい一年になりますように☆

16件のコメント

  • 銀鏡先生、あけましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願いいたします。

    『虜囚達と夜のユリシス』、いよいよ完結目前ですね。
    貴作は今回のカクヨムコン4で最も楽しく読ませていただいた作品の一つです。いつも楽しい読書時間をありがとうございます。
    良い結果につながるようお祈りしております。

  • 貴堂水樹さま

    あけましておめでとうございます!
    今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

    拙作の更新をいつも追いかけて頂きありがとうございますm(_ _)m
    そのようにおっしゃって頂きありがたく存じます!
    まだ完結までエピソードが残っておりますが、最後までお付き合い頂けると嬉しいです!m(_ _)m

    こちらこそいつも楽しい読書時間をありがとうございます!
    引き続きよろしくお願いいたします。

  • 銀鏡 怜尚 様

     あけましておめでとうございます、夷也荊です。
     実は11日にラストというこの記事を拝読し、あえてこのタイミングでレヴューを失礼しました。ラスト時はレヴューが重なってしまい、少しばらけた方が良いと思ったもので……。
     そして文化人類学にも医療人類学という分野があり、小生は医療人類学では臓器移植を学んだ経験があります。今回の銀鏡 怜尚様の御作も、臓器移植絡みということで、切り口は違えど、とても懐かしく感じながら、楽しく拝読しました。
     銀鏡 怜尚様はコンテストの度に過去の銀鏡 怜尚様を越えて書いていらっしゃるので、プレッシャーも感じさせず、凄いなぁ、といつも思います。もちろん最後まで拝読させていただきます。
     
     それでは、本年もよろしくお願いします。
     銀鏡 怜尚様に取りましても、本年がより良い年でありますように。

  • 夷也荊さま

    コメントありがとうございますm(_ _)m

    また改めて、素敵なレビューならびにご配慮ありがとうございます。

    医療人類学とは、はじめて聞きました☆
    いかにも私には難解そうで及び腰になってしまいます。

    かくいう私は病院での勤務経験はありますが、医師でも看護師でもないので、かなり表面的な知識なんだろうな、と忸怩たる思いです。

    プレッシャーは、実はかなり感じながら公開しております……(>_<)
    この作品で皆様を落胆させないか、長編であればあるほど、そのように思っております。

    まだ、ラストまで公開していないので、そのプレッシャーからは解放されていませんが、最後の最後まで、出来る限り推敲を重ねたいと思います。
    どうかあたたかい目で見て頂けると幸いです。
    改めてよろしくお願いいたしますm(_ _)m

  • 銀鏡 怜尚 様

     こんにちは、夷也荊です。
     コメント、小生の所までお越しいただき、ありがとうございます。
     小生が講義を受けていた医療人類学は、各国のドナーとレシピエントの関係性の比較。それから、レシピエントがドナーから貰った臓器に、物とは異なる意識を持つのは何故か、という浅くて文系的なモノです。しかし先輩には医療人類学のプロがいて、インドをフィールドに、現代医療と伝統医療の関係を論じて、現在は教授をなさっております。
     銀鏡 怜尚様がプレッシャーとお感じになるのは、いつもより良い作品を描かれるので、ハードルが上がっているからだと思います。今回の御作も、いつも通り過去作越えだと思いますので、あまり背負うことなく更新していただければ、読者冥利に尽きます。
     御作、本当に楽しみにしております。

     それでは、ご挨拶まで。

  • 夷也荊さま

    コメントありがとうございますm(_ _)m
    浅学な私にも分かり易くご説明頂きありがとうございます。興味の湧く内容かと思いますが、いざ勉強するとおそらく私には難しいのだろうなと拝察します。
    現代の医療については、表面的な知識ながら小説にも用いさせていただいていますが、伝統医療となると私のまったく知らない分野かと思います。

    いつも過分なお言葉を頂き、大変恐縮です。
    このように浅学非才な身でありながら、ミステリー小説を読んだり書いたりするのが好きという理由で、少し背伸びしてしまって、結果的にハードルを上げてしまっているのかもしれません。

    一方で夷也荊さまをはじめ多くの皆様に応援のお言葉を頂いて、それが励みになっているのも紛れもない事実です。
    また皆様の作品から勉強させて頂くこともあります。特に博識な夷也荊さまの作品は、私の見識を広めさせ新しい正解にいざなってくれているものだと思っております。

    いつも楽しみにしてくださり、大変嬉しく思います。
    応援を胸に、これからも邁進していきたいと思います。

  • 銀鏡 怜尚 様

     こんばんは、夷也荊です。
     近況ノートにコメントをありがとうございます。
     銀鏡 怜尚様が浅学? 表面的知識? 浅学非才? ……謙遜し過ぎです。
     小生はてっきり銀鏡 怜尚様は女医様かと思っていたくらいです。
     もしくは、医系の学者様とか。
     そして、小生は博識でも何でもない、ただの凡人です。
     銀鏡 怜尚様のような方から「博識」と言われるのは、嬉しいです。
     ただ、小生は今、精神科医と美大生が協力するミステリ-を書いているのですが、ミステリーの書き方は難しい物でした。やはり、伏線のはり方、回収、セリフや行為などの意味づけを完璧に行うのは、論理的で知識もないと無理だと思いました。ミステリーを書いている方は凄い人ばかりです。そして、銀鏡 怜尚様は、その中でも群を抜いて知識と論理的思考をお持ちです。
     是非、そんなに謙遜なさらぬように、お願いいたします。

     それでは、お礼まで。

  • 夷也荊さま

    コメントありがとうございますm(_ _)m
    また、度重なるお褒めのお言葉、励ましのお言葉、大変恐縮です。

    でも夷也荊さまは、常識と見識を兼ね備えられておられるお方と拝察します。
    「精神科医と美大生が協力するミステリ-」、聞いただけで待ち遠しくなるほど、ぞくぞくいたします。

    ミステリーは確かに私も書いていて難しいと思います。
    プロの作家の先生が、私が考えたシナリオで執筆したら、もっともっと精度の高いものになろうかと思います。

    まだまだ勉強させて頂くことばかりですが、引き続き執筆に励みたいと思います。

  • 銀鏡 怜尚 様

     こんにちは、夷也荊です。
     昨日はいろいろとお話し出来て、嬉しかったです。
     貴重なお時間をありがとうございました。
     小生の「精神科医と美大生のミステリー」は、ボツになるかどうなるか、と言うところです。なので、期待はしないで下さい(笑)。
     そうなんですか。銀鏡 怜尚様の実力をもってしても、ミステリーは難しいとお感じになられるのですね。意外です。
     
     小生もより良い作品作りに努めたいと思います。

     それでは、お礼まで。

  • 銀鏡さん、あけましておめでとうございます!(*^^*)

    この度は、『属性は何を選択すればお嫁さんにしてくれますか?』へお立ち寄りいただき、応援コメントと☆、嬉しいレビューをありがとうございました!楽しんでいただけて、とっても嬉しいです(*´∇`*)
    心より、深く御礼申し上げます!💐

    本年も、どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m✨✨

  •  銀鏡 怜尚さま

     こんばんは、月影 夏樹です。そしてあけましておめでとうございます。

     ただ今拝見しております銀鏡さまの小説【慧眼の少女 -Girls with acumen-】には多数のプロセスがドラマがあり、読んでいて大変勉強になっております。また1月中に新作【虜囚達と夜のユリシス】を拝見させていただく予定ですので、その時は改めてコメント致します。

     また拙作ながら『時の万華鏡』をご愛読いただき、ありがとうございます! シリーズものゆえマンネリ化していないか不安でございますが、今後もストーリー展開を見守っていただければ幸いです。

     最後になりましたが、今年もどうぞよろしくお願い致します♪

  • 夷也荊さま

    コメントありがとうございます。
    こちらこそいろいろお話ができて楽しかったです。
    こちらこそ貴重なお時間をありがとうございました!

    プレッシャーをかけるわけではないですが、素直に「精神科医と美大生のミステリー」すごく面白そうです。
    美術作品は、その人物の性格や置かれている環境や精神状態を反映するものかと思います!
    ただ、それを文字だけの媒体でしっかり伝えるのは、かなりの文筆力が必要だと思いますし、また専門的な分野のため膨大な知識が求められそうです。
    夷也荊さまなら、それを成し遂げることができそうだと、勝手に期待しておりますが、あくまで個人的な期待です。。。あまりお気になさらないで下さいませ。

    私は、カクヨムがはじめての執筆で、『深緋の恵投』が処女作です。
    よって経験が浅いです。悩んで心が折れそうになることの方が多いですね。

    私も、夷也荊さまのように、様々なテーマを扱えるように、日々研鑽を積んで参りたいと思います。

  • aoiaoiさま

    あけましておめでとうございます!

    コメントありがとうございます。
    御作『属性は何を選択すればお嫁さんにしてくれますか?』は、大変読みやすく、内容も面白かったので、皆様にお勧めしたくて僭越ながらレビューをさせていただきました。
    チャンスの神様には前髪しかない、は良い言葉ですね!

    今年もよろしくお願い申し上げます!☆

  • 月影 夏樹

    あけましておめでとうございます!
    今年もよろしくお願い申し上げます。

    コメントありがとうございます!
    そして、ご多忙と拝察するところ、拙作をお読み頂きありがとうございます!m(_ _)m
    感謝しかありません。

    拙作『虜囚達と夜のユリシス』も、若干長い作品ですので大変恐縮ですが、お時間のあるときにご覧頂ければ幸いです。

    御作『時の万華鏡』は、登場人物たちの繊細な心を丁寧な筆致で描写されていて、素晴らしいなといつも思うばかりです。
    今後の更新も楽しみにさせて頂きます★

  • 銀鏡 怜尚 様

     おはようございます、夷也荊です。
     話し出すとキリがないですね(笑)。
     お互い、書くことが好きなんだと、実感できました。
     嬉しいです。
     銀鏡 怜尚様から声援を受けられる小生は、幸せ者です。

     それでは、またの機会に。

  • 夷也荊さま

    コメントありがとうございます。
    確かにキリがないかも、ですね(笑)。
    でも、いろいろお話ができて楽しかったです!

    これからも引き続きよろしくお願い致します。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン