時織さまには「へなちょこインド旅行記」からご愛読いただいて、本当にありがたい限りです。
最近エブでの活動にハマっていて、カクカクでの活動をあまりしておらず、御礼が遅れて申し訳ありません。

特にカクカク評論での丁寧なレビュー、身につまされると同時に、読者が多い世界での楽しさも、是非実感していただきたいなぁと切に感じました。
なぜ、ワタクシの活動の場がエブになったのか。。それは圧倒的に読者が多いからです。もちろん、書き手も仰山居られます。
読者の種類も様々で、このカクカクでは読者の好む作品の種類は固まった感がありますが、エブの読者は違うのです。
このカクカクで全く不人気な「鳥葬」、エブでは一番人気ですし(拙作内で)。

書ける場がある事、それは確かにありがたい事です。
でも、自分の物語をより多くの読者が読んで下さるのは、その何倍も快感なのです。
これだけは、実感していただかないと勿体ない気がいたします。

最後に、ご自身の年齢では作家デビューはもう遅い、と思われているようですが。。ワタクシもケッコー年いってます。
読者に先入観を持たれたくないので、幾つかは言いたくありませんが、それでも若い時分より、書きたい世界がずっと豊かになりました。

時織さまは仕事も順調なご様子、書くのは趣味のスタンスでご満足なのでしょうが、まぁカクカク評論をご覧になればお分かりの通り、ワタクシは妙齢の女性として、人間として、かなり生活不能な廃人です。
だからと言って、何がなんでもプロになるっ! と気合を入れているワケではありませんけど、他に向き合うもの、向き合えるものが、今の自分には何も無いのです。

えぇっと、結局何が言いたいのか、分からなくなってきました。。
ずっとカクカク活動サボってましたが、10月から始まる女性向け恋愛小説コンテスト参加のため、また舞い戻ってくる予定です。
いつも応援してくださる時織さま、その折にはまた、よろしくお願いいたしますm(__)m
もちろんワタクシの事ですから、ふわふわっとした甘い恋愛小説なんて書くワケ。。書けるワケ、ありませんコトよ♪

愛魂をこめて、双葉あき☆彡

4件のコメント

  • 丁寧な返事をありがとうございます。
    私、この世界では新参者なので教えてもらいたいのですが、エブって何ですか?覗いてみたいです。
    カクヨムの読者層が偏っているという指摘には同感です。老荘世代は少ないんだろうなぁと感じています。でも、カクヨムが開設されて1年弱なので、動きの遅い老荘世代が増えるのを気長に待つかなぁとも思っています。

  • お返事が遅れましてすみません。
    エブはエブリスタというサイトです。
    こちらは長く運営されているという事もあり、様々な年代の執筆者・読者がおられます。
    ただ元々ケータイ小説サイトということもあり、少し書きづらい感があるので、そう言った意味も含んでカクヨムに書いてからエブに移しております。
    カクヨムも当初は、様々な年代の執筆者が居られました。
    けれども運営サイドの求める小説が、あーゆう感じですので、自然に離れていかれるようです。
    私はもう、書きやすいから下書きがてら執筆してる有様です。
    自分のような執筆者に、このサイトでは未来は無いだろうなと自負しておりますが、せっかくの角川サマのサイトですし、大好きな角川文庫が参入される可能性は無いものかと、一度直訴でもしてみようかなと思う次第です。
    純文学では無いけれど、大人向けのエンタテインメント的な小説を出版されている角川文庫サマが参入されたら、私達のような作家にはうれしいですよね。

    いつも長くてすみません、エブリスタ、大人作家にはオススメですよ。
    もうちょっと、書きやすかったら文句なしなのですが・・・・・・。

    愛魂をこめて、双葉あき☆彡


  • 確かに、角川文庫本体が加担すると、頑張り甲斐が出ますよね。私、密かに、KADOKAWAの映画狙いで書いています。

  • いいっすね、夢はでっかくで♪
    角川サマはすぐ映画やアニメになりますしね。。私もがんばるゾ~33

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン