外部のコンテストに応募した作品や、電子書籍として出版された作品、完了後に最初から見直しをかけた作品など、一部のものを除き、基本的に「真面目な推敲」は行っておりません。特に連載中の作品は推敲していないものとお考え下さい。
 これは執筆活動のほうを優先しているためですが、明らかにおかしい点に自分で気がついてしまった場合と、読者から「ここがおかしい」という有り難いご指摘を頂いた場合には、修正をかけております。
 読者の中には、細かい誤字・脱字や慣用句の誤用が気になって仕方がない方もいるとは思いますが、ここの作者はそういった点に無頓着です。申し訳ないとは思っていますが、指摘しても性格が直ったりはしませんので、諦めて読むか、読むのを断念するか、ご自身で判断して下さい。