こんな時にでも、私の小説を読んでくださる読者様に感謝を。

どうかご自愛ください。