永遠の海

作者 @ns_ky_20151225

24

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

海洋惑星リルで小型漁船の漁師となった少年ケント。
リルは金属成分の多い海洋生物を星間輸出し、
食糧のほとんどを輸入に頼っている。
ケントは留学費用を稼いで、地球で農学を学び、
リルで食糧を増産するのが夢だ。

主人公は漁師が最終目標ではないんですが、
ディロン船長や船長の孫娘との漁の描写が詳細で、
船長の漁の『勘』が若者二人に伝わるのか、
このまま漁師としての成長をずっと見ていたいくらい。

派手な大事件とかはあまり起きないんですが、
大変革しつつある星間社会の中で、
ケントが何を考え、選んで生きていくか、
堅実な感じで良いSFです。

★★★ Excellent!!!

資源開発としての惑星開拓が盛んな時代、漁業で成り立つ惑星で、学費を稼ぐために漁師をすることを選んだ少年が主人公。
社会、経済SFで、SFである前に、まずお仕事小説として面白い。漁師としての仕事や生活がていねいに書き込まれている。
社会の動きには、やや楽観的というか性善説的なところがあると感じたが、文章や登場人物の描写にあたたかみがあって、むしろ作品の魅力を押し上げていると感じた。おすすめです。