始まりの魔法使い

作者 石之宮カント

6,265

2,237人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

あったかいんだからぁ~♪

まず何も考えず一回読む!

そして2週目は
最初から最後まで一緒に居た
『相棒』の仕草を気にしてみるといい。
きっと色々想像出来るだろう。

『先生』は
例えるならメインではなく
『先生』こそが
スパイス役に感じた。

途中でヒヤッとしたり泣き所あり。

★★★ Excellent!!!

打ち切りと聞いて、今さらながら読ませていただきました。
良作ですね!!
マーケティング重視の模倣作品が乱造されまくっている現状では、打ち切りもやむなしでしょうか・・・。残念なことではありますが、ややアニメ的な擬音満載の会話が少し浮いたように感じてしまうのは、模倣作品群の悪影響でもあるのでしょう。

★★★ Excellent!!!

このお話は、スイスみたいなほのぼのしたお話から、東京スカイツリーレベルでワクワクするお話に、ブルジュ・ハリファレベルで切ないお話と、カントさんの高い文章能力が相まって、感情が勝手にのめり込んでいってしまいます。そして、しっかり登場人物のキャラクター付けもしています。
控えめに言って神が何柱もいる感じです。

★★★ Excellent!!!

今までに、少なくはない量のライトノベルなどを読んできたつもりでしたが、こんなに素晴らしく、心惹かれるものは初めてです。言葉一つ一つの美しさは言うまでもなく、キャラクターの心情がありありと伝わってきて、まさしく、物語が「生きている」ように感じました。私の稚拙な文章力では、この物語の素晴らしさを伝えるには不十分なので、是非読んでみることをお勧めします。

Good!

話の本筋は独創的で、キャラクターが生き生きとしていて面白い!一気に読んでしまいまいした。
ただ、物語中に登場する名称や各話の題名に英語が使われてますが、不自然な表現が結構あり、無理して使わなくても良かったのではないかと思います。また、竜を殺せる武器を作ったりと敵役を逃したりしたら、(人類の歴史を知っていれば)どうなるか簡単に予想できるのになぜしたのか、この物語の完成度からすると説得力が足りませんでした。あとこれは好みの問題かもしれませんが、最後がハーレム展開になのは安易な印象です(ニーナ報われない…)。

★★★ Excellent!!!

一気に読みました、今までと言うの中盤の辺り(文字の時代)には辛いです、辛い過ぎてマジで諦めなくて最後まで(始まりの時代)読んだの自分を褒めたいです、始まりの時代までの結果は本当に良かったです、これからの時代は物凄く気になります、先生頑張って下さい、価値があるのため、海外に実体書を買うのは無理ですが(運賃は本より高い)Kindle版を買いました。

11月11日更新:
待望の更新!イニスが本当に長い生きですね、(魔王)と火龍戦の77年後にどんな出会いがあるかは楽しみ!先生頑張ってね

★★★ Excellent!!!

登場人物の行動に一貫性があるため、前はこういう行動したのに今回は違うの?なぜ?
みたいなことが起こらないし、感情も理解できるもので、ストレスがない!
これだけでなくストーリーも面白いし"魔法"とは何か、どういう成り立ちか、などの設定もしっかり筋が通っていて、文章力があるなぁ...と、感じさせられます。
とりあえず何が言いたいかというと、文章力があり、おかしいところがないので楽しく、ストレスなく読める素晴らしい作品です。
これぞ小説!

★★★ Excellent!!!

やっぱり俺TUEEE系かと思って買ってみたら
まさか魔法がなぜあるのかまで書いてある感動する本でした
四巻まで買いましたが、友達に読ませても
「俺TUEEE系じゃないからつまんない。一巻の半ばで飽きちゃった。」
って言ってましたがこの本の良さがわからないのはラノベにどっぷり漬かってないからだなって思いました

★★★ Excellent!!!

とても心にきました。出会えてよかった心のうちを伝えるほど表現力がないけど、数十年経っても覚えている自信があります。文章は誤字も目立たずにとても読みやすく適度な揺さぶり<刺激?>で一気に読んでしまいました。御都合主義もきちんと溶け込めていて、謎の自信や前できたやんという感じもなく面白かったです。
ただなんというか終わり方が独特で終わった<番外編の第5話>、、あれ完結してなかっったww。更新待ってるよん。

★★★ Excellent!!!

書籍発売してから存在を知ったのですが、
1巻発売時から自分が読んだり見たりしている中で一番楽しみに続き待たせて頂いてます。

ほかの方も同じこと感じた人がいそうですが、5巻の終わりとあとがき見てなんか終わりそうに見えてしまってとても不安になったので、微力ながら応援追加しようと思います。

★★★ Excellent!!!

竜とエルフという紹介文とタイトルに惹かれて読み始めましたが、世界観の設定に圧倒されました。
ファンタジー好きなら誰もが夢見たことがあるであろう、「もしも魔法が使えたら」という思い。それを壮大なスケールで物語に落とし込んでいる作品です。

異種族間の関係構築の描写の上手さもさることながら、やはり「魔法」というものに対する定義づけの緻密さがこの作品の大きな魅力だと思います。

まだ連載中ということですので、続きを楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

序盤から展開される独特な雰囲気にまず、引き込まれました。そこからは読み進める手が止まらず、寝る間も惜しんで読むことになりました。現在更新分の読了後、かなりの分量を読んだにもかかわらず私の心にあったのは物足りなさ、先を読みたいという欲求でした。
各章ごとに話がバッサリと区切られていて、登場人物の関係上気づけば物語の時間が一気に飛んでいます。
本編で語られることの無い歴史、人物がたくさん登場するにもかかわらず、それらすべてに過去や由来があるように生き生きとしており、我々とは関係なくこの世界は「生きて」いるのだと思わされました。
登場人物が次々と変わっていく中で、成長はするも変わらない2人と周囲が織り成す関係は独特で、さらに「魔法」と「意志」がそれをぐっと面白くしています。
生まれるもの、変わらないもの、消えていくもの。
そんなことを考えさせられる物語です。

★★★ Excellent!!!

竜に転生した男がエルフの少女と出会い石器時代レベルの異世界で文化や魔法を作りだし人々に教えながら人や他種族の営みを見守る...大まかに説明すると大体そんな感じの内容。
数多くの出会いや別れ(寿命等)があるけど、それでもキャラクターの個性が(たとえ名前だけしか出ないキャラでも)輝いている。
戦闘が割りと少ない異世界転生モノだが、読んで損はない作品。興味が出てきたら読む事を勧めます。
蛇足ですが、《長い目で見ればハーレム》のタグはあながち間違ってないです

★★★ Excellent!!!

人も、エルフも、獣人も、龍も、ありとあらゆる生き物は死に向かって進んでいく。この物語には、避けがたい運命として常に死の予感が漂っている。生きる長さの違いは、そのまま価値観の違いだ。主人公の永遠とも言える寿命はあらゆるものを置き去りにしていく。恋人や妻さえもこの世から先に去って行く。そしてそれらは英雄的な死でもない。
それでもこの物語は決して後ろ向きな、絶望的な話ではない。あらゆる想いは世代を超え、種族を超え、受け継がれていく。それを虚しい繰り返しにしないため、少しづつ主人公は成長していく。読み手はそれを優しい眼差しで見守ることが出来る。

★★ Very Good!!

とても面白かったです。
とても面白かったです……が、あまりにも短いです。
一つ一つの時代の話の内容が短過ぎますし、どれだけ長くても数十年スパンの物語がどれも10話に満たないのは不完全燃焼感が否めません。
途方もなく長い時間を生きる登場人物たちの物語なので早く時間を進めたいのはわかるのですが、せっかく好きになった魅力的なキャラクター達が数話で登場して早々老いて退場していくのはなんともやるせない気持ちになります。

欲を言えば、数年単位ならともかく数十年単位の話ならせめて50話くらいは欲しいところです。
各時代ごとなら100話くらい欲しいですね。(勿論これはただの私の好みの問題なのであまり気にしないでください。)

他の方が仰っていたように、物語がサクサク進むのは先生が感じているような時の流れの早さを表しているという考え方も素敵だとは思うのですが、やはり私はこの世界の物語をもっとじっくり堪能したいと思うので話の内容がこれほどまでに圧縮されているともっとじっくり読みたいのに…と寂しい気持ちになります。

今後また時代が進んで新たな時代に突入することがあればその時はもう少し腰を落ち着けてじっくりと物語を進めていただきたいですね。

★★★ Excellent!!!

ウェブ版の方は読んでいないのですが、書籍の方で楽しませてもらいました。
一巻を購入した翌日に二巻と三巻を書い行くくらい面白かったです。
他の人のレビューにもある通り、竜として転生した主人公が人と関わりを持ち、文明をもたらし、発達して行く話なのですが、とにかく切ない。
限られた時間の中で必死に生きていく人物達が描かれていて、
その中で長命種ゆえに見守って行く主人公の感情は胸が締め付けられるようでした。
主人公の感情はもちろんしっかりと描かれているのですが、生と死が割とあっさりりしていて、だからこそ彼らとの別れを如実に感じられました。
とにかく、面白いです。読み終わった後の読了感は息を吐きたくなるものです。今後も応援しています。面白い物語をありがとうございます。