Re:Actor・オブ・グラディエーター

作者 河童Δ

79

32人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公の持つ力は、ペテン/推理/付焼刃/人脈、その四つだけ。
口先だけで何でも丸め込める筈もなく、
万事を見通し先が読める訳でもなく、
本当に強い者に剣では勝てないし、
一人で百万人を殺せる友達もいない。
常に追い込まれつつ、持てる力を状況に合わせて駆使し、足掻き、求め続ける第一章。

自堕落な日々から突き落とされる、いわゆる「フレーバー大災害」ではない、ガチの滅亡の危機。
絶対王者の持つ人間味、
善良な端役の持つ反社会性と狂気、
深く知っていた筈の人々さえも知らない顔を持つ。
前章から語り手が変わることで、登場人物を掘り下げると共に、「人を知る」行為自体の重みと意義が突きつけられる第二章。

再び変わった語り手により、前章までの謎が明かされる遠征編。
最前線で戦える語り手により、強者同士の戦闘アクションが至近距離で描かれるバトル展開もさること、
スレ切っていないメインキャラによる、素直な感情の揺らぎ。
始まる前に終わっていた恋より切ない情を描いた第三章。

そして、前章までに得た資産と、膨らみに膨らんだ全ての負債を抱えて始まる、第四章。

極めて大雑把に言えば「笑い有り涙有り、最弱勇者のTS憑依モノ異世界奮闘記」ですが、
技巧にも技量にも優れ、読み始めたらクライマックスも重い展開も軽いノリも、しっかり読ませてきます。
特に各章ごとに練り込まれたラストシーンはいずれも強烈な読後感。
外伝込みで90万文字をさらりと読める、良い長編でした。

★★★ Excellent!!!

異界から召喚されて女の子に憑依した勇者(?)の物語です。


女の子なので筋力体力が無い、記憶を失っているので戦い方を知らない。

善良なる大天才魔術師(自称)に召喚された最弱ヒロインがコロシアムに放り込まれて――――……

必死で特訓しても上には届かず。
死ぬ気で立ち回って生き残る。

剣闘士を言葉巧みに動かして、観客を言葉巧みに扇動して、王様を言葉巧みに駆り立てて。
強くなくても、間違いなく物語の中心に立つ勇者の物語です。


部ごとに主人公が変わり、濃密に編み込まれた世界観を動いていきます。

一部は僕っ子勇者の英雄劇。

二部は大天才魔術師の大天才伝説譚。

三部は夢見る強者(童貞)の夢への道程物語。

私はアルフォンスがお気に入りです←


ちょっくら乳首みてくるわ!、なノリで読み始めて頂点を掻っ攫っていく爽快感がオススメです!

★★ Very Good!!

TS召喚×コロシアム物というジャンルは、新鮮な組み合わせに感じました。

美少女剣闘士として召喚された主人公が、時に知恵や肉体を振り絞り、時に逃げ回ってコロシアムの頂点を目指すプロットはワクワクさせられます。
キャラクター、世界観、戦闘描写もしっかり確立されているため、今後の血沸き肉踊る戦いが楽しみです。

★★★ Excellent!!!

5話時点での感想

主な登場キャラクターは「僕」とその「僕」を召喚したアルフォンスの二人。
僕はボクっ娘だからボクっ娘で素晴らしい。
アルフォンスはナチュラルな下衆で強かなところが魅力的。 とぼけた感じで、憎めないかと言えば憎めるタイプクソ野郎。
細かい戦闘描写も分かりやすく、テンポもよくてとても読みやすい。 二人の会話も軽妙で面白い。