小説 花乙女たちの帝園

作者 ひうぜ

愛しき輝きに育まれ開花を待つ可憐な蕾たち――満を期して今、咲き誇る。

  • ★★★ Excellent!!!

セリフの前にキャラ名を置く事で、地の文の情報量の削減が為されており、流れるような読み応えが心地良いです。
小動物を思わせる忙しなさでちょこまか動き回るメイド達には、愛しさと庇護欲を誘われて。章を終える毎に、ほっこりとした充足感に包まれることでしょう。
本作の随所でモチーフとなっている花々が、サブタイトルやプロットにまで活かされている点に、強いこだわりを感じさせる一品です。
皆さんも是非どうぞ! ではまた。お疲れ様です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

血能集団ロンパイアさんの他のおすすめレビュー 128