小説 花乙女たちの帝園

作者 ひうぜ

53

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

台詞の前に発言者の名前が記載される脚本風のスタイルに、最初は少し戸惑いを覚えますが、慣れてさらさらと読み進められるようになればしめたもの。
愛らしくたくましい少女達と、戦間期をモチーフにした空想科学ファンタジー調の世界観は、読んでいてとても居心地が良かったです。
最終的には、どの子が好き!というより、アステル様素敵…という乙女な気持ちになりましたが、もしかして作者さんの計算通りなのでしょうか。

★★★ Excellent!!!

セリフの前にキャラ名を置く事で、地の文の情報量の削減が為されており、流れるような読み応えが心地良いです。
小動物を思わせる忙しなさでちょこまか動き回るメイド達には、愛しさと庇護欲を誘われて。章を終える毎に、ほっこりとした充足感に包まれることでしょう。
本作の随所でモチーフとなっている花々が、サブタイトルやプロットにまで活かされている点に、強いこだわりを感じさせる一品です。
皆さんも是非どうぞ! ではまた。お疲れ様です。

★★★ Excellent!!!

まだ執筆中との事で、これからも執筆活動を頑張って下さい。メイドと言えばメイド喫茶のメイドを思い浮かべますが、これは時代設定が現代ではありません。会話文が主体となっているため、誰が話しているのかわかりやすくなっています。それとひらがなを活かした文体で綴られております。