ダタッツ剣風 〜悪の勇者と奴隷の姫騎士〜

作者 オリーブドラブ

45

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公の心の葛藤を描き、ただ強いだけじゃない。誰もが持つ心の弱さを見事に表現している素晴らしい作品。

憎しみを乗り越えて思いを寄せ合う。それを認める姿。どれもが感動的で素晴らしいラストを描ききっていると思います。

とても楽しませていただきました。ありがとうございます。

ChanMan

★★★ Excellent!!!

読了後に、感動から溜息が出ました。
全身に残る、清々しさ。
まずは読んで欲しい。そして、剣士ダタッツの生き様に涙し、感動し、彼の更なる道行きに幸せがある事を願って欲しい。

この作品は『残される者』の不安や心配、辛さを非常に鋭利に描写しています。
登場人物の殆どみんなに幸せになって欲しい(一部除く)。
敵味方の別なく、人間らしさが溢れています。

掛け値なしにおススメの一作です!

★★★ Excellent!!!

感想書きます企画で依頼された形ですが、この作品に巡り会えて本当に良かったです。
あまり注目されていないものの、ダイヤの原石を掘り当てた時。スコッパー冥利に尽きる、といった感動を覚えます。

タグには異世界、チート、ハーレムといったものが設定されておりますが、本作はかなりシリアスでハードな異世界モノです。昨今流行りというよりは、80~90年代の名作ファンタジーRPGを彷彿とさせるシナリオでした。

1章では悪代官に手篭めにされそうな皇女を救うという、安心感を覚えるほどの時代劇的展開。2章でダタッツが帝国勇者へと至るまでの回想、そして3章でラスボスとの激闘となります。シンプルなストーリー構造でありながら、重厚で感動的な物語展開でした。

一度異世界から現実に戻って、また異世界に戻ったのは彼くらいではないでしょうか。その半生はあまりに救いがなく、思わず胸が締め付けられる来歴でした。
しかしそんなダタッツが、それでも尚大切な人達のために、これまで失くしてきたもの達のために戦う様はカタルシスどころではない鳥肌立つ英雄譚だったと思います。

長文になりましたが、本当に面白い作品でした。未来を感じるラストで本当に良かったです。ただただ、面白いという言葉しか出てきません。