次の角を曲がったら僕は君を好きになる

作者 相川青

71

32人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

等身大の小市民と称すればいいのか、
まるで在りし日の自分。初々しかった自分の思考ルーチンが、そのまんま主人公に投影されているような錯覚すら覚えます。共感指数十七万です。
そんな好青年の脳内で踊る、質の良い比喩表現のオンパレードがまた楽しい! さらに
曲がり角という恋愛モノの定型。その本質を捉えて、上手くプロットの中に組み込んでるように思えました。
続きが出来たらまた読ませてください。お疲れさまです。

★★ Very Good!!

素敵、としか言いようが無いです。

私もこの主人公のように
角で誰かを待ちたいです。
彼は内気なようで、
凄い行動力だと感心しました。
そして、彼女の方も良く
不審者扱いしないで受け入れたなあと。

彼女の特訓を受けて、
彼がどのように成長するのか、
二人の関係性はどうなるのか楽しみです。

朝から優しい気持ちにさせて貰いました!

★★★ Excellent!!!

恋愛事の経験がない主人公。そんな主人公は、タイトルの通り、街角で出遭った女の人を好きになり、告白しようとする。で、実際にやってのけてしまう。こういうロマンチックなこと考えられても実際にこういうことってできる人ほとんどいないですよね。でもこの主人公は行動できたからチャンスを掴むことができます。この先であった女性とどうなるのか? 先が楽しみです。

★★★ Excellent!!!

僕の心情が読者に対してフラットな目線で綴られていて、共感多めで読み進められますね。
ぎこちなさや、あのぉそのぉ状態も「そうそうそんな感じ」で相づちをうてるんです。
可愛く翻弄されるであろう僕を見守り続けたい。そんな出だしに笑顔。

★★ Very Good!!

 とコピーを書いて気づいたが、タイトルの主人公の方がとてもアクティブだ。角を曲がったところで、パンをくわえたうら若き女性とぶつかるならば、私は意中の人と出会うまで、延々と曲がり続ける。だが、僕「が」というアクティブな主人公であることを忘れてはいけない。

 なぜに同じ「恋愛」をモチーフにしながら私の作品とこうも違うのか。

 この作品の作者は卑怯である。ご夫婦と二人三脚での恋愛物語とは、妄想だけを頼りに恋愛を書いている私のような存在からすれば卑怯以外のなにものでもない。うらやましい。私も恋がしたい。

 男性のツボを抑えたストーリーは、思春期の急所を突いてくる某進研ゼミのマンガにも似た魅力を放っている。

 一本の線はどのように発展するかわからない。この物語のはじまりは一本の線、究極のシンプルな運命なのである。
 運命はその姿・形を決められることを嫌う。この運命の結末は、読むことでしか知りえない。

 

★★★ Excellent!!!

行間に光る風が吹きわたっているような
文章だと、わたしには感じられました。

まだ甘い花びらの気配は、少しだけ遠い。
でも冬が終わり、あたたかな陽射しの春が
すぐそこまで迫っている。
風が頬を撫でてゆく。そんな気持ちに
させられました。

その「風」には、ロマンティックという
名がつけられるのでしょう、きっと。