天空海戦物語 魔法機環と少女と

作者 天菜真祭

29

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 まるで宮沢賢治先生の童話を読んでいるかのような、とてもやわらかいメルヘン調の導入部…幻想的な物語の入り口は、小さな商業都市から始まります。広大な世界観と背景を感じさせる設定に、主人公の少女が見ている世界が読者にも綺麗に伝わってきますね。高貴なる義務から一度は逃げた少女が、その身に宿した強過ぎる力を再び振るう、そう決心した旅立ちの日。彼女の世界は少しずつ、姿を変えてゆく…とても先の気になる物語で、このまま読み進めたくなりますね!

★★★ Excellent!!!

普通の言い方をすれば、魔法少女と巨大ロボット。でもこの世界の言葉で言い換えると、「法印皇女」と「魔法機械騎士」。
このネーミングセンスが堪らなくいい。この世界のありとあらゆるものが、すべて名づけ直されて、どこか懐かしい感じの独特な世界を構築しています。天空騎士とか法印皇女とか魔法機環とか魔法機械騎士とかっ、固有名詞がいちいち好きツボを押して来て、忙しいです(笑)

ファンタジー世界で、巨大ロボットが活躍するという設定はこれまでにも色々ありましたが、この作品はちょっと趣きが違う。SFと言ってもいい世界観なのに、機械類の動力が魔法になっているという設定ひとつで、世界全体を見事にファンタジーに変換しています。
魔法で戦艦……(じゃなくて、ここでは)「魔法機環船」が動くとか、カッコいい。しかもただカッコいいだけじゃなくて、それ、可愛い女の子が一生懸命、魔法を使って動かすんです。不躾な言い方をすれば……萌えます(笑)(この世界じゃ、萌えとか使っちゃいけない気がする)

機械の動力となる魔法機環が古代文明の発掘品で、その仕組みはブラックボックス的な部分があってよく分からないけど、必要に迫られて使っているとか、沙夜と特別な絆で結ばれている「らしい」魔法機械騎士ガストーリュの「よく分からない部分」とか、世界の秘密に関わる感じの伏線が散りばめられていて、先が気になります。

潜在能力は高そうだけど、まだ力を使いこなせなくて失敗の多い沙夜が、落ち込んだりしながらも、法印皇女として責任を全うしようと頑張る姿とか、ガストーリュと心が通じているような感じとか、見ていてほほえましくて、わくわくします。更新頑張って下さい。

★★★ Excellent!!!

男性作家が描く女の子の可愛さとはまた違う、女性作家が描く少女の愛らしさが見どころです。
ガス灯が灯りトラムが走る石畳の街角、女の子に人気の可愛い焼き菓子店、気の早い冬至祭の飾り付け、金色に染まる銀杏並木、息を弾ませて走る可憐な黒髪の女学生……どんな甘々な物語が始まるのかと思いきや……天空艦隊!? 妖魔の襲来!? 魔法機械騎士!?

可愛い女の子と、レトロでロマンチックな舞台と、バリバリ技術系な雰囲気の、ミスマッチになりそうで不思議とベストマッチな取り合わせ。
作中技術用語や設定の数々が、いちいちソソります!
赤煉瓦の魔法機械工廠、回復魔法を循環詠唱し続ける巨大な石英管、帝都公文書館地下の巨大な魔法機環に収められた古文書データ、それを呼び出す蛍砂表示管、そして法印皇女が率いる天空艦隊、天空教習艦アキアカネ……そんな言葉にワクワクする人にオススメです!