戦うコックさんは耳馴染みのある技で今日も食材を屠る

戦うコックさんの作品はそんなに多く目に留まらない中で週間ランキング1位を獲った作品です。
中編構成で起承転結はしっかりとあったもののやや駆け足気味で少々強引な展開もありつつ主人公の信念に基づいた結末に帰結しています。

戦闘の技名がまるでト○コのようですが調理器具や技法名、食器が同じなら似通っていてもそのまま技名になるとイメージしやすくて良かったです。

折角、コックさんが主人公なのに料理描写が雑なのが残念すぎる。極めたコックらしくもっと繊細で丁寧な料理描写が出来ていればもっと魅力的な作品になったと思います。ポテンシャルが高く感じた分余計に残念に感じました。

その他のおすすめレビュー

@nononnさんの他のおすすめレビュー267