相変わらず凄い物を書いてくる。

何というか、もう、凄いとしか
あれこのしと、数カ月前まで読み専だったのでは^p^

貯まった鬱憤が爆発したかの様に傑作を書き上げる情熱、其の豊富な語彙や人を轢き付ける筆跡からも、数十年一線で活躍してきた熟練作家だろうと勘違いされても不思議ではない

4000文字に満たぬ人生の縮図、彼女は決して幸福ではないが、不幸ではないだろう
自分がどうこう言う前に、まず、読んで欲しい
ほんの10分程で読破出来てしまう掌編とは思えない、濃密な読後感が襲ってくるであろう

その他のおすすめレビュー

あるまんさんの他のおすすめレビュー2,952