湛えた水面を戻すために

故郷である精霊の国を復興させようとする精霊達と、そんな彼らに惹かれる一人の少女の交流を描いた現代ファンタジー作品です。

彼らが復興を願うのは、癒やしの力に溢れていた水の国。手がかりとなるのは、世界各地に広がる洪水伝説。

様々な場所で癒やしを与えながら調査に尽力する精霊達に、少女はどうにか力になりたいと願います。

精霊達の望みは実を結ぶのか、少女の願いは叶うのか。

ぜひ読んでみてください。

その他のおすすめレビュー

村本 凪さんの他のおすすめレビュー183