孤独な女王様の前に、見た目だけは王子様が現れる!

あまり百合ものは読んだことがないのですが、好きな作家様の作品と聞いて早速読んでみました。
一方的な嫌いの感情が王子様の無自覚な優しさによって溶け、最終的に意識するまでの存在になる過程が短いながらも丁寧に描かれていて、とても楽しめた一本です。

その他のおすすめレビュー

せんとさんの他のおすすめレビュー119