無理ゲーをひっくり返すのは開き直りか?それともキャラに対する「愛」か?

過去の偉人英雄への転生モノとしては秀逸な題材かと思います。
しかし歴史に名を残す英雄に転生する話は数あれど、まさかのヴラド公を選ぶとは……どんだけ困難な道を行くのか……主人公が気の毒過ぎる( ノД`)
主人公がヴラド公LOVEなのが救いというかここがキーになりそうな予感。
周り全てが敵という過酷な状況で、現代人が持つ歴史的&技術的知識チートがどこまで使えるか?

まだ序盤ですのでここから先、主人公がどのように「生き残る」道を模索していくのかまだ見えませんが、先が困難なだけに期待値は大きいです。

名前は超メジャーなのに史実的にはめちゃマイナーなワラキア戦記なので、興味を持ったなら先入観無く架空戦記としてのめり込める事請け合いです!

その他のおすすめレビュー

@hyperclockupさんの他のおすすめレビュー1,208