約束を果たしに行くファンタジー

主人公は現実味が強すぎる悪夢に、毎夜うなされる少年。

安らぎを得るはずの眠りに苦しめられることで、少年の精神は蝕まれ、最後には発狂寸前まで追い詰められてしまいます。

しかし、すんでの所をとある少女に救われたことで、少年の運命と少女に課せられた運命が交錯していく、そんな物語です。

ひとこと紹介にある通り、少年はとある約束を果たすために奔走します。

思いは世界の壁すら超え、多くの人間の運命すら変えていく。

ダークファンタジーの要素が混じりながらも、王道ファンタジーの感動が味わえる作品です。

ぜひ、読んでみてください。

このレビューの作品

救氷の偽剣使い

その他のおすすめレビュー

村本 凪さんの他のおすすめレビュー189