蝿の女王の物語

作者 東雲佑

184

65人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

様々な創作物に触れていると、長い時間かけて読んだ本や、視聴した映像作品のクオリティに満足がいかなくて、「時間を浪費した……」なんて感想を抱くことが、ままありますよね。

この短編小説は、まさにその対極。短時間で、とても一万字以内で構成されているとは思えない、超高濃縮のオリジナルファンタジーを体験することができます。

[拝読直後のわたし]
いやー、濃かったなぁ。これで一万字以内? うっそだー。

[文字数を確認したわたし]
……ホントだ。嘘だろ(真顔)

独創性溢れる物語設定とストーリーの濃密さ、卓越した文章表現にいたく感動したのですが、さらにその中に、主人公・魔物・冒険者・死者の四すくみや、ダンジョンとなる滅亡都市の階層構造、その中心に巣食うラスボスの存在など、RPG的な要素も違和感なく組み込まれている構成の巧みさが、特に目を引きました。

限られた文字数の中で、主人公コーデリアの生い立ちや人間ドラマもしっかり描かれているため、単純なダークファンタジーとも異なる、異色のジャンルを確立しているように思います。
蠅が億倍なんて、リアルにしたら鳥肌ものの気持ち悪さ……のはずなのに、どこか温かみを感じるのはなぜなのでしょう。ほろり。

一万字以内で、それに数倍する満足を味わうことができる、満足度泥棒の一作。
個人的には、ぜひ長編でも続きを読んでみたいものです。おすすめ!

★★★ Excellent!!!

ゾンビのうごめく世界。死してなお歩みを止めない死者達を、少女は弔う。彼女を守るものは剣でも盾でもなく、無数の蝿だった。

淡々と、それでいて慈愛に満ちた語りに引き込まれました。
あどけない少女がなぜ蝿の女王と呼ばれるようになったのか。真相に迫るほど、本作こそが突き抜けた発想の塊でありゲーム化にふさわしい作品だと強く感じさせられることでしょう。

★★★ Excellent!!!

皆さんは『ハエ』と聞いて何をイメージしますか?
そうそう良いイメージを抱く方はいないと思います。

題名を見たとき、私自身も『蝿?』と思いましたが、一話目で既に目から鱗。
一気読みしてしまいました。

一万字でもすんなり世界に入り込めて、女王と蝿の関係が愛おしくて。
三竦み、四竦みの状態は、女王と蝿たちの独壇場ではなく、ある条件下では強いものの、その条件を外れてしまえば無力に等しいと言う危機感も与えつつ、どんどん読み進められました。

是非、リアルな蝿はともかく、この物語で活躍する蝿と女王の絆を一読してみてください。

★★★ Excellent!!!

母親の愛以外何も持っていなかった少女。
突然訪れた大規模破壊によりその愛すらも失った少女が、その代わりにとある「力」を手に入れ、崩壊した大都市を舞台にある目的のために長い戦いに身を投じていくことになる。

少女の「力」は強力だが、ある意味「〇〇特効」のような形のもの。それ故に対象外の存在に対しては全くもって無力。
特定対象への無双と、それ以外の対象とのハイド&シーク。その二つの要素が圧倒する爽快感とスリリングさを味わわせてくれる。

自身を迫害した存在も愛を与えてくれた存在も既に亡く、それでも生き延びる内に見出した目的のために生き続ける少女。
作中で微笑みを浮かべながら心から嬉しそうにその目的について独白する少女から感じる、空虚さ、純粋さ、美しさ。
そして背筋が寒くなるような破滅的空気がたまらない。

少女は目的を達することができるのか。
達成した先に少女にとっての救いはあるのか。

結末を見届けたくなる、純粋さと歪みと美しさに彩られた素晴らしい作品でした。

★★ Very Good!!

物乞いの娘として産まれ、世界からは疎まれ蔑まれてきた少女にとって、優しい世界は母の愛だけ。

そんな少女に訪れたのは地獄と化した街と母の死。

蠅に生まれ変わった母を繰り、屍累々の街を嬉々として駆ける少女の歪んだ感性と、その成り立ちに齟齬がなく、ニッチな世界が見事に描かれている。

★★★ Excellent!!!

暗く重い世界観と、その中でほのかの輝く愛情が確かな筆致で描かれている。
理不尽な始まりから発生した不死者によって崩壊した都市の絶望感と、その中で進みゆく少女が何とも儚く、逞しい。
儲けられた字数制限内でも毎回しっかりと続きが気になる、クリフハンガーな続き方をしているのも良い。