いい小説を書く為にお金を払った話

作者 玄納守

111

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

 これは、作者さんがお金を払って添削を依頼したお話です。

「自分の作品を今よりも良くしたい」と思った作者さんは、小説を書くためのとある指南書に、「添削をしてもらうとよい」ということが書かれていたため実践することにします。

 お金を払うのですから、できれば質のいい添削をしてくれるところがいい――ということで、作者さんは調べに調べ、二種類の添削を受けることにするのです。
 一つは「指摘は多いけれど嫌な気分には全くならない、どちらかというと甘めな添削」、もう一つは「指摘が超多くて、滅茶滅茶厳しいことを言われる添削」というもの。

 それによって作者さんが何を得たのか、詳しい内容は是非作品を読んでいただきたいと思いますが、これから誰かに添削をしてもらいたいと思っている方は、きっとこの作品が役に立つのではないかなと思います。

 最後になりますが、添削もそれを行うのは人間です。
 きっと相性の良し悪しもあると思いますが、自分の作品とちゃんと向き合って良い方向へ導いてくれる添削者と巡り合えるのが、お互いにとっていいのだろうなと思います。

 添削を受けたお話。気になる方は読んでみてはいかがでしょうか。

★★★ Excellent!!!

添削サービスを利用した顛末を、包み隠さず共有してくれる貴重な体験記です。
カクヨムで小説を投稿するからには、みんな本が好き、小説が好きで、文章が書けると自分では思っている人たちばかりが集まっているはず。

しかし、物書きの訓練を受けたことがある人はほとんどいないでしょう。自分もそうです。

その置き去りにした基本の重要さにいかに直面したかということが、赤裸々に語られている本作は、すべての作家ワナビーにとって参考になる疑似体験だと思います。

自分の文章を見直さなければ。

★★★ Excellent!!!

公募の中には、一次審査を通れば選評を頂けるものもあります。
通らなければ「何かがダメだった」とう事実が残るのみ。どこをダメだと判断されたのかは分からない。
それは自分で読み返しても見えてこないものです。
プロを目指すならプロの目線を知ること。
こちらのエッセイでは、プロの編集さんと作家さんに有料で添削を頼んだ記録が、事細かに記されています。
どんな指摘を受けて、いくらぐらいかかるのか。
サービスの実態を知る事ができて、非常に勉強になります。
無料で読ませて頂くのがもったいないほどに価値あるエッセイ。ぜひご一読ください。

★★★ Excellent!!!

小説の添削サービスを受けた経験がある方は、どれほどいらっしゃるのでしょう?

いつかは受賞して書籍化を……。と夢見ている方でも、なかなか自分の小説を第三者に読んで意見をもらう経験はないのではないでしょうか?

この作品は二種類の添削サービスを受けられた感想を赤裸々に描かれたエッセイです。

添削って気になる。でもちょっと怖そう……。どんな感じか知りたい。と思う方にぜひ読んでいただきたいと思います!(*´▽`*)

★★★ Excellent!!!

有料の添削サービスを利用した体験記。
どんなサービスを使い、どういった指摘があったか、費用はいくらなのか、筆者が感じたメリットは何か。
非常に具体的に書かれており、参考になります。
「他人が小説を読むとき、何に引っかかるのか」が見える内容でもあり、
投稿ガチ勢で添削サービスの利用を考えている人も、
楽しんで書いている人も参考になる内容だと思います。