これを優しさと呼ばないのなら過ちでもいい 〜貞盛と将門〜

作者 四谷軒

128

44人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

かつて大河ドラマ『風と雲と虹と』で描かれた「平将門の乱」(承平天慶の乱、天慶の乱)…その物語を、将門と対立した貞盛を主役の一人にして描いた物語です。

平安時代中ごろの「坂東」世界の広がりを感じさせてくれる物語です。
「戦う」とは、理想郷を実現するとは、いったい何か?
将門の乱後の関東や武家政権の歴史と重ね合わせつつ読んでも、また、難しい時代に否応なく選択を迫られつつ生きる若者たちの物語として読んでも、感慨が深まります。

ぜひご一読ください。

★★★ Excellent!!!

『平将門』公。名前は聞いたことがあっても、この方の物語(小説)に触れる機会は滅多にありません。それだけでも貴重な作品ですが、読んでいて、当時の関東地方の雰囲気や、当時の武士たちの葛藤を感じられる作品です。

世間では、今年、源平合戦(平家物語、大河ドラマ等)に関する創作物に多く触れる機会がありますが、いわば、そこへと至るルーツがこの物語の世界にはあります。短編ですが、読み応えはありますので、ぜひ一読を。

★★★ Excellent!!!

四谷軒様の描く歴史作品は、どれもこれも毛筆で、墨の濃淡や毛先のばらけ具合、整い具合で陰影を描き出すような、力強い読後感をもたらしてくれます。
まあ、あまり格式高い文章で紹介できる力量は私にゃありませんが、読んで損なし。
声に出して詠んでもよし! な作品です。