民間の伝承をベースにした短編

河童という妖怪の事をあまり詳しく知らなかったのですが、色々と悲しい逸話もあるのですね。口減らしが本当に行われていたのなら、恐ろしい事実です。

主人公の女の子が真剣に河童と向き合い心から同情した事で、心が通じて大事にならなかったのかもしれませんね。忌み嫌い、怖れていたなら、結果は変わったのかもしれません。色々と考えさせられた作品でした。

その他のおすすめレビュー

threetones さんの他のおすすめレビュー638