18〜19世紀の博物学者を見ているような小説です。

昔の博物学者は冒険者でもあったわけですが、
その方たちの人生を見ているようなファンタジー小説です。
(主人公は老魔法使いの弟子で、薬師であり、旅人です)
森の描写、サバイバル術、軍人たちに翻弄される、貴族とのやりとり……ワクワクしますね!

その他のおすすめレビュー

宝鈴さんの他のおすすめレビュー428