南山之寿の日日是決戦

作者 南山之寿

77

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まず。
チョコミントがお好きな方、Dr.某がお好きな方は必読。
と申し上げておきましょう。

わたしはチョコミントは苦手で、Dr.某もそれほど好きではないですが・・・・(すみません)

ですが、作者様の題材の選定センス、言葉、文章のセンスが。
なんでしょう。

クスッ。

を波状攻撃的にしかけていらっしゃる感じで。しかも、ゴリ押しではなく、自然体で。

ガハハハっ!

笑いではないのですが、クスッのジャブを何発も受けると、気づけばもうノックアウトな感じで。
ハマっている。
という状況に。

どちらからお読みになられても、間違いなく、クスッ、の洗礼を受けるかと。
皆様も、クスッ、の洗礼をお受けになられませんか?
ものすごく、お勧めです!

★★★ Excellent!!!

ええ。
隠しようがないんですよ、エッセイってやつは。
小説みたいにこねくり回さなくて、内面を一気に文章化するので。
つまり――
エッセイが面白い=この作者が作る小説も面白い、という図式になります。
特に、ギャグ。
ギャグはセンス。
一にも二にも、センス、これ。
文章で人を笑わせるって、崇高な文学よりも上にあります。
この作者の笑えるエッセイを読んで、他の作品も覗いてみましょう。

★★★ Excellent!!!

文章は丁寧に、しっかりと。
豊かな知識を披露したりしなかったりして、お話はスタートします(≧▽≦)♪

ふんむふんむーと読み進めていくと、どんどんお話が違う方向へと向かいます。

真面目な顔をして、最後にはぶっちゃけつつオチがつきます。しかも前向きに。

真面目なお話を綴ろうと、驚きの知識を披露しようと、『ここからどんな風にオチがつくんだろう?』

はい、先生の世界におひとりさまご案内です(*´﹃`*)

おもしろいなぁしかし(*´艸`*)

★★★ Excellent!!!

 独特の語り口調で描かれる本作は、実に読みやすく内容も(私は)共感出来るものばかりです。
 気がつけば、エッセイの中に引き込まれ、そして喰らうのです。笑撃を!!(造語)
 作者様のセンスがほとばしる、至極のエッセイ! 笑いの足りない現代人は、是非ご覧ください(笑)

★★★ Excellent!!!

其の一。
「はじめましての皆様も、お馴染みの皆様も、お久しぶりの皆様も。

南山之寿 ( なんざんのじゅ) と申します。

こちらを開いて頂き、ありがとうございます。」




其の二。
「はじめましての皆様も、お馴染みの皆様も、お久しぶりの皆様も。

南山之寿『ミナミヤマのことぶき』と申します。

こちらを開いて頂き、ありがとうございます。」


ハイ!
デハ皆さん。
「一体どちらが本物の『寿』でしょうかッ!