キミと駆けるアニソン戦争

作者 傘木咲華

夢を掴め!私は彼女たちを推します。

  • ★★★ Excellent!!!

皆さんアニメ見ますか。
主題歌、好きですか。

アニソンって結構頭に残るものなのではと個人的に思っています。
基本的に30分の中でOPEDが流れるので頭から最後まで見れちゃう人多いだろうし、作品のイメージとかけ離れたものも少ない気がするので。

アニソンと一括りにしても様々な形がありますよね。歌手にしても曲にしても。
幅広い。

そんなアニソンのね、タイアップ争奪戦が見られちゃう作品。
アツい。
関わる人たちも舞台裏もやっぱりアツい。

けどアツいのは設定だけじゃないです。
作者様の力がすごいんですよ。
熱量も葛藤も迷いも清々しさまでもがある。
大きな舞台で戦っちゃうよ!なだけじゃなくて、ドラマや成長の絡ませ方が本当に秀逸。

作者様の文章は巧みで、いろんなものの描写がすごいです。
すんなり入って来るのに不明な部分がない。
しかも一話の文字数が多いわけではないのにすべての話数に感情が動かされる場面がある。

読み手として彼女たちの思いや懸命さを応援する一方、何故かこちらが応援されているような気持になるのは、これはなんだろう。
爽やかな読後感にプラス「自分も頑張ろう」とエネルギーがね、湧いてくるんです。

図書館でワクワクしながら本を読んでいた頃みたい。没入感はんぱない。

本気でおススメします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

なかむらみずさんの他のおすすめレビュー 79