キミと駆けるアニソン戦争

傘木咲華

プロローグ

プロローグ

 それは、桜も散り始めた四月中旬のこと。

 大学には少しずつ慣れ始めたが、この緊張感ばかりは何にも勝てないな、と彼女は思う。ある意味オーディション以上だ――というのは、流石に大袈裟だろうか。

 しかし、眼鏡越しに見える鋭い瞳を見つめていると、自然と背筋が伸びてしまうものだ。


古林こばやしさん。今日は急に呼び出してしまって申し訳ありません」

「いえ、大丈夫ですよ。……それで、今日は何の要件なんでしょうか」


 伸びた背筋のまま、彼女――古林侑芽夏ゆめかは喫茶店の向かいの席に座る女性に訊ねる。

 亜麻色の腰まで伸びたゆるふわロングヘアーに、きっちり切り揃えられた姫カット。瞳は大きめのたれ目で、どこか優しい印象がある。

 そんな彼女は、この春に大学生になったばかりだ。しかし、ただの大学生という訳ではない。侑芽夏にはもう一つの姿がある。


「もしかして、オーディション……落ちましたか」


 思わず目を伏せながら、侑芽夏はぼそりと呟く。

 オーディション。

 つまりは、アニメーションの声優オーディションのことだ。

 侑芽夏は今から二年前、高校二年生の頃に声優デビューを果たしている。公開オーディションで優勝したことがきっかけだったが、一度デビューしたからと言って「オーディション」という言葉から逃れられる訳ではない。


 この二年の間にも、たくさんの役を逃してきたのだ。

 だから、今だって覚悟をしていたはずだった。


「その話ではありません。結果はまだ出ていないので」

「あっ、そうなんですね。良かったぁ……っていうのも、変な話ですけど」


 向かいに座る女性、マネージャーの三鴨みかもあかねにきっぱりと言われ、侑芽夏はほっと胸を撫で下ろす。落選の知らせには慣れているとはいえ、少しばかり心が軽くなるのを感じた。


(でも……だったらどうして、三鴨さんはスーツなんだろう)


 しかし、侑芽夏の中にある疑念はまだ晴れてはいない。

 茜が侑芽夏を呼び出す時は、毎回決まって同じ喫茶店だ。

 老夫婦が営んでいるこぢんまりとした喫茶店で、侑芽夏もすっかり常連として顔を覚えられている。何も言わずとも侑芽夏が好きなホットココアが出てくるレベルだ。侑芽夏としてもほっとできる場所で、たまに声優仲間を連れてくることもある。


 それくらい安心できる場所だというのに、侑芽夏の緊張感はちっとも晴れてはくれなかった。理由ははっきりとわかっている。茜がスーツ姿で現れる時は、だいたい真面目な話がある時なのだ。もちろん、大きな役を掴んだ時など嬉しい報告の時もある。でも、侑芽夏が原作漫画からファンだった作品のオーディションに落ちた時や、ドラマCDで演じたキャラクターがアニメ化で別の声優が担当することになった……など、辛い報告もたくさんあった。


 侑芽夏のマネージャーである茜は、真面目を絵に描いたような人だ。

 黒髪のボブカットに、つり上がった葡萄ぶどう色の瞳。赤いアンダーリム眼鏡をかけていて、口元のほくろが大人の色っぽさを感じさせる。侑芽夏が白いブラウスにジーンズというラフな恰好なのに対し、茜はきちっとしたスーツ姿。スーツでない日もだいたいフォーマルな服を着ていて、二年ほどの付き合いでも気の抜けた姿など見たことがなかった。

 だから、茜が真剣な眼差しを向けているのはいつものことなのだ。それはわかっているはずなのに、嫌な妄想がぐるぐる回って止まらない。


「……もしかして」


 その嫌な妄想はやがて一つの可能性に辿り着き、ピタリと止まる。茜の表情にもまったく変化がなく、まるで侑芽夏の言葉を待っているかのようだ。

 恐る恐る、侑芽夏は口を開く。


Lazuriteラズライトが解散する、とかですか……?」


 言葉にした途端に、心が震えた。

 Lazuriteは侑芽夏が所属する声優ユニットだ。二人組のユニットで、相方は二歳年下の君嶋きみしま水琴みこと

 今から一年前、『現役高校生による声優ユニット』としてデビューをした――のだが。


「私はもう高校生じゃないから、も……もう、需要がなくなった、とか……」


 心の次は、声が震えてしまう。

 侑芽夏は元々、声優とアニソンシンガー、両方に憧れていた。売れっ子とまでは言わないが、高校生のうちに声優デビューをしてそこそこ知名度はある。その時点で恵まれているのに、キャラクターソングが評価されてユニットとしてアーティストデビューを果たした。

 歌うことが大好きで、いつかはアニメソングを歌うことを夢見ていて……。


「…………っ」


 ――あともう少しで、Lazuriteとしてその夢も叶えられると思ったのに。


 気付けば、茜の顔を見られなくなってしまっていた。


「古林さん、落ち着いてください」


 やがて、茜の冷静な声が聞こえてくる。

 聞き慣れた涼やかな声色の中に、微かな温かさが紛れているような気がした。そっと顔を上げると、レンズ越しの葡萄色の瞳に吸い込まれていく。


「今日は良い報告ですから」


 言いながら、茜はうっすらと笑みを浮かべてみせる。

 侑芽夏はそこでようやく「はああぁ」と大きく息を吐き、肩の力を抜いた。少し冷めてしまったホットココアに口を付けてから、ジト目で茜を睨む。


「三鴨さん、意地悪ですよ。良い報告なら良い報告って、もっと早く言ってくれれば……」

「すみません。私も緊張していまして」

「……き、緊張、ですか?」


 一度は落ち着いたはずの鼓動が再び騒ぎ出す。

 良い報告ではあるが、いつも冷静な茜が緊張してしまうほどの出来事――とは、いったいどういうことなのか。否が応でも期待する気持ちが高まってしまい、侑芽夏はついつい瞬きが多めになってしまう。


「覚悟はできていますか?」


 ブラックコーヒーを一口飲んでから、茜はこちらを見つめてくる。

 侑芽夏がTVアニメのメインヒロイン役を勝ち取った時でさえも、ここまでもったいぶることはなかった。そして、茜はちゃんと侑芽夏がアニソン好きであることを理解している。

 ということは、つまり――。


「Lazuriteがアニソン戦争に選ばれたんですよ」


 やっとの思いで頷いた侑芽夏の耳に飛び込んできたのは、そんな言葉だった。


 ――アニソン戦争。

 正式名称『アニメタイアップ争奪戦』。


 それは、侑芽夏がずっと憧れていたステージだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る