白童丸号内にて

作者 武州青嵐(さくら青嵐)

SFと、ホラー……?

  • ★★★ Excellent!!!

って最初は思ってたんですよ。

だってホラーって、科学では解明出来ない不思議なアレがどうやらこうやら、みたいなイメージがあって。
だけどSFっていったら、やれ宇宙がどうたらとか、レーザービームがどうたらとかじゃないですか(個人のイメージです)。そんなものがバリバリに登場する世界観なら、もう霊とかその辺のも解明されちゃって、不思議な現象なんかにもみんなそれらしい名前なんかつけられちゃってんじゃないのかな、って。

ところがどっこい。

案外相性が良いみたいなんですよ。
ていうかね、宇宙空間で霊なんて出てご覧なさいよ。それによって機械にトラブルでもあってごらんなさいよ。ここ宇宙よ?何かあったらもうおしまいなのよ?

が、ご安心なされ、この艦には持衰がいるのです!ばばーん!

……持衰って何?

そう思った方もいるのではないでしょうか。大丈夫、私もです。何なら読み方だって知りませんでしたから。

あらすじですとか、それから1話を読んでいただけるとわかります。へぇ、そんな人がいたんだー、って。

いや、それはわかったけど、マジで?!そんな人がこの艦に?!

もう色々と衝撃的な本作、ホラーですけど、怖いのが大丈夫なのであれば「でもSFでしょう……?」なんて言わずに是非どうぞ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

宇部 松清さんの他のおすすめレビュー 731